2019年06月30日

社長の一言(令和元年6月30日)

皆様お元気ですか?
すっかりと入梅に日本は覆われ、
早く入梅開けを期待している今日この頃です。 
雨の降る中で紫陽花の大輪が咲き乱れる光景は
素晴らしいとは思いますが………
大阪サミットが開かれましたが米中の争いは泥沼化して
今後どのような方向に向かうのか予断が許しません。
玉虫色の結果ではありましたが我が国の阿部首相もかなり頑張っておられました。
尤も警備や大阪で開いた総合計の金額は国民を驚かされるに違いありません。
先日15年ぶりに中国ハルビンの知人の結婚式に出席する為に出かけました。
15年前の当時は自動車の込み具合は最悪で道路事情が悪く
どうにもならない混雑でした。ビルの古い建物は汚く側の水は悪臭がした物です。
しかし今回ハルビンに到着して驚いたのは林立するアパート群と町の綺麗な道路と植物でした、
車の多さは相変わらずですがかなり整理が行き届きそれほどの混雑は見かけませんでした。
又電柱は地下に埋設され緑も多く整然とされた美しい町並みとなっておりました。
川の流れは綺麗になり底が見える程にみえました。
市内で働く労働者は町の高層アパートから会社や役所に
通勤するため20分程で到着出来る様です。
知人は共働きで旦那さんが13万円奥様は看護士で15万円程を稼いでおられます。
最近150ヘーベイのマンションを購入したそうでかなりゆったりと生活をしております。
日本のサラリーマンが1時間半の時間を掛けて会社に通勤し
2LDKの部屋で住む状況を考えると果たしてどちらが幸せなのか考えざるを得ません。
少なくとも通勤で往復2時間を無駄に過ごし
小さな居住環境に甘んじなければならないのです。
勿論中国と日本を単純に比較は出来ませんが犯罪件数も激減したのが
例の顔認証の発達に他なりません。高速道路の事故も少なくなり
スピード違反に道路に設置されたカメラで顔認証で映し出され
運転しているドライバーに対して彼の使用するカードから
強制的に罰金を取るシステムとなった為猛烈なスピードで走る馬鹿はいなくなったそうです。
以前私がハルビンに到着した時は空港まで警察が迎えに来てくれ、
さっさと荷物を受け取り税関検査もなくそのままホテルまで直行したものですが
今では汚職や警察の公用車を自分で使用したり他の目的で使用した場合は
失職する羽目となります。これは習近平さんの徹底した汚職の撲滅であったと考えます。
業者と政治家との癒着や業者間での金銭的癒着は
想像以上の厳しさで取り締まりが行われている様です。
日本でも考えるべきです。
米国との経済摩擦が厳しくなろうと13億の人口を持つ
大国中国の消費なくして世界の経済は回っていかない時代なのです。
ハルビンでの自動車は多く、かなりの部分でドイツ車が占めておりました。
ワーゲンはタクシー車でも多く使用されベンツも一般の人々が使用する車でした。
日本車はドイツ車に比較して少なく中国に進出した時期が遅かったのかも知れません。
中国は人口が13億と多く今後国内での消費拡大へと
転向してゆくでしょうしGDPは間もなく10年以内に米国を追い越すでしょう。
かっての観光客の爆買は沈静化し、じっくると調べてから
品物を選択する姿勢はかって日本が通ってきたのです。
それだけ中国は急激に裕福になった証左なのです。
現在日本のGDPは4兆9700億ドルでその2.6倍が中国。
中国の1.6倍が米国で20兆5000億ドルと言われております
やがてGDPは将来中国にとって変わると言われております。
今回の貿易不均衡問題は米国の将来の恐れたと言えます。
世界の貿易は東南アジアに移り巨大なインド、タイ、ベトナム、オーストラリア、
インドネシアとそれぞれ巨大な発展を遂げ中国の貨幣元がドルに
変わって世界を牛耳る事になると考えるのです。
米国の多民族国家と単一な中国人の社会主義国家との衝突は
これからも厳しい状況が続くと考えますがいずれは
世界の自由主義国家の弱体化が見えてきます。
世界で最も裕福な8人が保有する資産は、
世界の人口のうち経済的に恵まれない下から
半分にあたる約36億人が保有する資産とほぼ同じ
又富裕層トップ62人の資産、世界の半分36億人の合計と同じ
富裕層トップ62人の資産、世界の半分36億人の合計と同じとも言われております。
人間は朝、昼、晩に食べる金額はどんなに頑張っても知れた物です。
まさかダイヤモンドを食べる分けにはいきません。
やがて人は年を取りやがてはあの世に召されていきます。
何の為に人間は金持ちになろうとするのかは永久な宿題で難問ではあります。
そして数多くの人々が貧困に苦しんでおります。
やがてこの人間の生み出した不公正に対して暴動が起こるかもしれません。
中国が謙虚にして驕らずという姿勢で大国として行動すれば
間違いなく世界1となるでしょう。難しいかな?
さて日本は日米安保又自衛隊をどのような体制に
持っていくのか考える時期に来ているのです。
米国の大統領、トランプの日本に対する防衛のあり
方に痛烈な批判があり日本は冷水を浴びさせました。
日本に対してもっと大量の軍備を購入しろというメッセージなのでしょうが、
痛い急所を常に突いてくる彼の行動は商売人としてのしたたかさを持っているのです。
しかしながら彼の底流にある思考は米国人の思考と
同様であり常にこの問題を考えなければならないのかもしれません。
今お年寄りが激増して老齢介護、老老介護、が話題となっています。
お年寄りの認知症問題はその人々の面倒をみる問題も急速に浮上して来ております。
60歳の老人が80歳の認知症の老人を見ておりますが
近い将来70歳の老人が90歳の老人を見ていかなければならないかも知れません。
千葉県の団地では毎日数多くのday サービスでは朝は、
その為に色々な場所から派遣されたバスが沢山集まり門前市となる様だとか、
いずれにせよそのような光景はますます盛んになりつつあると考えられます、
自宅で引きこもりをする人物を含めて老齢介護を考えるとお先真っ暗という事なのです。
父親が自分の子供を殺すという事件は殺した人物を批難すれば
良いという事ではなく政治家、国民、行政がしっかりと考えなければ
大きな問題となりますので今直ぐに取りかからなければならないでしょう。
父親の苦しみを考える時やり切れなさと同情を、
どうにかならなかったのかと、考え込んでしまいました。
当社のお客様で元刑事さんを行っておられた方がおられます。
流石今でも目には厳しさがありますが現在は穏やかな明るい方です。
所が奥様が認知症となりその旦那さんが毎日の食事、食べさせたり買い物、
病院への世話などを行っております。
お互いが年齢を経て面倒を見なければならない情況の中で頑張っておられる姿に
男というのはいざという時に黙って奥様から何を言われようと
自分の仕事として文句を言わず行動する姿に感心し
自分であったなら出来るかどうか自問自答致しました。
これから老老介護しかない時代を迎え皆樣方も考えてみて下さい。
いざという時に当然の義務として受け入れ懸命に世話をしていく
態度に彼の幸せを思わずにはいられませんでした。
参議院選挙があります。どうか皆様の一票を大切に!
日本を良くするのは政治家ではありません。
政治を良くしようとする国民の1票なのです。
どうか選挙には必ず投票を行って下さい。
お客様からのお問い合わせ等
先日お客様が白鞘がいたんだので新期に制作して欲しいと話されました。
たしかに数十年前に制作された白鞘でしたが、土台がしっかりとしているので
新期に制作せず鞘割りを行い中を削り直しを行いその鞘を削り直しをお勧めしました。
理由はその白鞘は時代を経ておりますので完全に枯れており、
くるいがないのです。出来上がった白鞘は見事な飴色をしておりました。
お客様も価格も安く大変満足されてお帰りになりました。
日本刀を長期間よい状態で保存する為には刀身を白鞘に入れて保存するのがベストなのです。
拵えに入れて保有すると完璧に密閉が出来ない為どうしても錆び易くなると思われます。
今、脇差等の作品が極めて安くなりました。
購入し研磨をほどこし鑑定書をとったならばとても商売にはなりません。
どうか皆様愛刀家は絶対に錆びさせない様にお手入れを欠かさず行って下さい。
日本刀の危機なのです。
警察では銃刀法で取り締まられ文部省や各都道府県の教育委員会では
日本刀の保存する啓蒙活動は行われず取り締まりの補助をしているのです。ますます
日本刀は日本人から単なる武器として見られる事になるのです。
日本刀を日本人としての誇りを持って頂きたいと期待しております。
老人諸君 遣り甲斐を求めて健康で楽しい毎日を過ごしましょう。
体調が悪くなる時もあるでしょう。うかそれを乗り越えて元気を取り戻して下さい。
ご老人を大切に、若者もやがて老人になるのです。
お子様には良い事と悪い事のけじめをしっかりと教えて下さい。
なぜ、なぜという質問は何事にも興味を示すシグナルです。
これを摘み取ってはいけません。
しっかりと丁寧にお父さん、お母さんが説明してあげ、動機付けを行いましょう。 
お父さんとお母さんは常に仲良くお互いが労り合って助け合う姿をお子様が見て育ちます。 
それでは皆様この蒸し暑い入梅の季節に傘をさして公園に
大輪の紫陽花の見事花の雨に打たれる光景を楽しんで下さい。
やがて暑い夏が訪れやがて涼しい待望の秋がやってきますよ。
御機嫌よう
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 14:44| Comment(0) | ウェブサイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする