2018年09月01日

社長の一言(平成30年9月1日)

今年の夏はかって経験した事のない暑さでした。
暑いばかりでなく湿度が高く
まつわりつくジトッとした不快な天気でした。
人間は湿度が無ければ100度でも暫くは生きられるのは
サウナに入れば分かります。
ここに湿度が加われば生存が出来ません。
今日も暑く痛みを感じさせる暑さでした。
水でも飲みながら仕事を致しております。
科学技術の発達は素早く次から次へと進歩をしていきます。
特に驚かされるのはカーナビの正確な位置情報と誘導です。
全く行った事もない場所でも電話番号や住所を入れるだけで
その場所にぴたりと誘導する技術には本当に驚かされます、
人口知能の発達で顔認証技術、車の自動運転もそろそろ実用化の段階を迎え
空港では国内線から国際線間の無人バスでの走行実験が行われております。
一部タクシーにも導入される予定であり、これが成功すると急激に
長距離バス、長距離トラックなどが導入されていくでしょう。
高速道路にはこのシステムは向いているのです。
運転手は失業してしまうのか大きな関心が集まっております。
なにしろ酒飲み運転や居眠り運転、脇見運転等の
人為的な事故は無くなりますので会社、保険会社にとっては歓迎する事でしょう。
日本人は物を購入する時、現金を持ち運ぶ傾向が強いのですが
韓国、中国ではカード決済が既に主流となり日本より格段に先を行っております。
かつて日本は技術の先進国といわれておりましたが
いつの間にかコンピューター関係では大きく遅れをとってしまいました。
これは世界の年収ランキングを参考にしますと日本は8位となるそうです。
お隣の韓国は4位で年収433万円、日本は394.7万円だそうです。
労働の効率が悪く長時間労働の割には無駄な働きが多いという事かもしれません。
今、日本は中国や韓国から学ぶ時代に変化しているのです。
スーパーでの買い物は顔認証やカード決済で行い、購入した段階で決済が終わり
そのまま店を出る事が出来るのだそうです。
先日当社のコンピューターに不具合がでた為に
ネットを通じて修理をお願いしたのですが
日本の会社の価格と海外での比較をした時、
圧倒的に安価で正確に出来たのは中国、韓国の会社でした。
人造ロボット、アクトロイドなどは今後デパート、ホテル、銀行業務、
マンションの管理業務の代行などが近未来に動員されるでしょう。
問題は失業者が出ないかということです。 
とにかく日本人が過去と比較して労働者が働かなくなったと言われております。
先日もアルバイト募集をかけました所、応募者は多かったのですが軽い乗りで
応募する人物が多く、面接当日私は無理にその日を開けていた所
当日電話で用事があるので他の日に面接をして下さいとか、
ある方は連絡すらしないという無責任な行動で呆れ返ってしまいました。
斯様に人には頼らずロボットに頼った方が給与や他の年金、保険、税金を考えると
先に書きました人間に頼らずロボットに任せる業務がかなり増えてくると考えるのです。
全世界の利益の多くがネット関係となり人を頼らないで巨額な収益を上げております。
世界の収入の殆どが数百人の人物で占められている現在、
大多数の人々が失業しなければならない状況となった場合
国はどのように運営していくのか大きな問題となるでしょう。
先日参議院選挙で6名が議員の定数を増やした事は国民が、
期待する議員の削減に逆行しておりますし、
そもそも参議院の役割って一体なんなのか
期待出来る政治が全くおこなわれてはおりません
この様な有様では参議院は必要はないと私は考えます。
議員の人件費やもろもろ含めると1億円となるそうです。
果たしてそれだけの仕事をされておられるのでしょうか?
そこで眠ってはいけませんよ!議員諸君
これから選挙に際しては良い人物に投票下さい。
国民の為に頑張っておられる議員や立候補されう人物です。
そうしないとこの日本は潰れてしまいますよ。
国債残高が1053兆円と巨額となりました。
景気が悪くなれば更に政府は輪転機に手を出す事となります。
今に大変な事になるかも知れません。
老人が多くなり認知症の方々が多くなりました。 
子供や親族の連絡がなくそのまま亡くなる方も多く
その方が保有する財産、動産、不動産のいずれも
不明となっているケースが多くその額は年々大きくなっております。
この問題は深刻で今から対処する必要があるかも知れません。
なお遺言は15歳以上から出来るのだそうです。
最近日本刀の鑑定や評価価格でお見えになったり、
画像を送られる方が多くなって来ております。
皆様にお願いしたいのは画像を送られる場合
銘の部分はしっかりとした画像を送って下さい。
銘の真偽はかなり良く判断が出来ます。
それを参考にされ、刀剣博物館での審査に出されたり
販売をされたりすると良いでしょう。
葵日誌
最近固山宗次*特別貴重刀剣を持参され珍しく3本杉の刃紋でした。
銘は良くきれており正真と判断致しました。
昭和刀で山下将軍の銘のある作品は疑問点があり
審査に出す事をお勧めいたしました。正真である事を祈っております。
現在刀剣博物館では偽造された鑑定書が出回っておりますのでご注意下さい。
本物の鑑定書に記載されている銘の偽物の銘の刀を作り写真を張り替える事で
簡単に偽物を制作するのです。私も見せて頂いたのですが正真の
保存鑑定書がついており写真に押された刻印もそっくりですので
鑑定書だけでは見分けがつきません。現代刀による作品に銘を削り長さを合わせ錆を付け銘を切った
作品が多い様です。注意が肝要です。現代刀の作品も多く著名な刀工や靖国刀
無銘極めの古刀などは長さ、反りを再び計り直しをして下さい。
さらにご購入される場合、長さ、反りが合わず又偽名とされた
場合の引き取りを確認し文書で書いて頂く慎重さが皆樣方にも求められております。
奥様を大切に!明るい笑顔を向けてあげて下さい。
お子様には躾を厳しく、なぜなぜという質問には明るく真剣に応えてあげて下さい。
良い動機付けになると良いですね。
お年寄りを大切に!長い人生経験がありますよ。
それでは皆様お元気でご活躍ください。
御機嫌よう
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 14:45| Comment(0) | ウェブサイト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。