2007年09月01日

丙子椒林剣

平成19年9月1日
日本刀の祖先は大陸から蕨手や無反りの長刀が入ってきましたが恐らく研磨されていない状態か簡単に切れる為として軽く研磨が施されていたと私は考えるのです。
著名は丙子椒林剣は学者の多くは海外から伝えられたという学説がありますがそう簡単に断定出来るとは考えられません。以前国宝展で私はこれらの刀剣をじっくりと見る事が出来ました。
特に丙子椒林剣の地鉄の美しさは小板目が実に良く詰んで微塵の地沸が付き細直刃の品格の良さは無類で製作段階において技術の結晶が集中され出来上がったのです。
中国では研磨技術は当時それほど必要無かったと考えるのが自然で微細な部分迄配慮しなかったと思います。
したがって大胆に推論すれば丙子椒林剣は日本国内で製作されたと思われるのです。刀身に彫られた文字は
中国で研磨技術が発展しなかった理由は戦闘方法が全く異なるからといえます。
切れ味時さえ良ければ錆びていても良く何万人という兵士が戦う訳ですから研磨する必要はなくそれぞれが積み上げられた刀剣をもって戦いに出たのです。
日本は狭い国土で意外と地域社会が明確に存在しあまりそれぞれが交流されなかったと思います。
その為刀剣はそれぞれの地域社会で独特な製造方法で製作されその特徴はかなり壊れたとはいえ現在にも伝播されております。
例えば九州は九州の特徴を備えた刀剣が製作され5家伝と言われる備前伝、大和伝、美濃伝、相州伝、山城伝が大まかに後世の人々によって区枠されております。
刀の茎には製作者が祈りながら一心不乱に刀を製作し出来の良い刀に銘を刻み研磨された刀にそれぞれ拵を製作し小道具は華美ではなく品位のある図柄が入れられ注文者の貴族に渡されました。
貴族から武家社会に移行してもその習慣は継承され更に侍文化の中では厳しく日本刀を保有する者達の礼儀作法が確立していたのです。士農工商の中で侍だけが刀の保有を許され侍としての誇り、象徴となったのです。現在日本には第二次世界大戦で敗北したのも関わらず数多くの日本刀が残されている大きな原因は侍が日本刀を武士の象徴として製作された当時から錆びさせず次の世代へ手渡していったからなのです。
日本刀は大変脆弱な面を持ち合わせております。戦えば振りかざされた刀を受けただけで大きく刃こぼれが生じ使い物にならなくなると筈です。考えられない程に研磨がなされ地鉄の鍛えが判るように刃紋の働きが判るように更に鎬筋や小鎬を綺麗にそりを付ける方法は未だ世界の武器にはありません。
錆びさせず大切に保管を続けて現在の数多くの刀剣が残された私たち日本人の誇りがあるのです。
次に続く
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本刀講座 from社長 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック