2018年03月15日

社長の一言(平成30年3月15日)

早いもので3月となりました。 
近所を歩いていると沈丁花の花の香りの良い匂が漂っております。
花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われる様です。
春爛漫穏やかな暖かさにうとうとと眠くなってまいりますね。

森友学園が大きな問題として浮上し
財務省の文書「書き換え」疑惑が実際にあったとして
今後大きな疑惑の解明が必要となりました。
佐川宣寿・国税庁長官が辞任にさせた大きな力は
国民が自民党の人事のやり方を許さず、
国税庁に押し掛けてデモを打った事で野党もそれに賛同して
大きなうねりとなり文書の書き換えへと発展しました。
全て法令に基づいて適正にやっている。
価格を提示したこともないし、先方からいくらで買いたいと
希望があったこともないなどととぼけた説明に
終止しましたがついに辞任に追い込まれました。
国民が自民党政治のやり方が旧態依然変わらない事にいらだち
連日のデモによって突き動かしたのです。
何故、誰によって書き換えを直接、
間接的に命令されたのか今問われております。
これは唯事ではすまされない問題です。 
現在与党が野党の数を圧倒的に有しております。
数の力でごり押しによって済まされてはなりません。
森友学園、加計学園問題は首相自らが拘っている疑惑が
予想される問題であるだけに
徹底的に事実を洗い出してもらいたいものです。
家計学園の問題も首相と学園理事長加計
孝太郎とは刎頸の友であり、その学園を獣医学部を容認させ
建設の許可を与えてしまった事に疑惑が出ております。
膨大な金額が国民の税金の中から投入されるのです。  
この金額は膨大な税金投入でなされ
今後も学園の補助金が税金から援助されます。
首相は刎頸の友として特別な配慮がなされ
その間にキックバックがあったのかどうかを調査されてしかるべきであります。
今後森友学園から家計学園へと飛び火されるのか私達は注意深く見守りたい。
このままだと自民党の政治のやり方は何ら変わっていないという事です。
これほど政治家を悪くしてしまったのは国民の政治に対する甘さがあったからなのです。
政治家を選択するのは選挙しかありません。
どうか今から国民の為に政治を行う人物を投票する様に致しましょう。

日本人の語学下手は人口知能によって将来は補われ
自動車、航空機、電車などの交通機関の運転、操縦は全てロボットで行われ
多くの運転や操縦者はそれらの業務は無くなるかも知れません。
事実飛行機の操縦は自動で離陸、着陸迄こなし、
かって発生していたヒューマンエラーは無くなるのです。
酒飲み運転、脇見運転、居眠り運転、厳しい労働基準は無くなり
24時間業務も可能となるのです。コンビニでは顔認証によってカード決済はなくなり
煩わしい手続もなくなり、カード紛失でのトラブルも無くなるのです。
タクシーも自動運転となり、乗り込んで来たお客様が文句を言おうにも
ロボットが相手では話にもなりませんね、
ホテルでもレストランでも機械が多くの役割を演じますので
便利にはなりますが、数多くの失業者が町に溢れ
オリンピックが終了した段階で人材が余る状況になると考えられ
景気は低迷し外国人との間で軋轢が出るかもしれません。
少子化、老人大国はかって中曽根政権の時代に話題になり予測された事です。
あの時にきちんと対応していればもっとましな状況となったに違いありません。
数多くの待機児童を抱える親に取って子供さえ産めない状況を作ってしまったのは
政治家の責任であり国民があまり政治に関心がなく
優れた政治家を選ばなかったからと言えます。
保育園に入れられない子供の為に勤めている会社を辞めたりしてまで
我慢しなければならないこの日本の現実に目を向けなければ
今の若者が結婚や子供を育てる気持ちな萎えてしまうでしょう。
巧く子供を保育園に入れたとしても
子供さんを迎えにいかなければならず、
親に取って必死に耐えている現状を政治家やお役人様は認識するべきなのです。
特に中小企業や零細企業で働く親にとって、
子供を育てる立場にたって行政は考えて欲しいのです。
さもないと日本の人口は下げ続け、統計によると平成38(2026)年に
人口1億2,000万人を下回った後も減少を続け、72(2060)年には
8,674万人になると推計されているのです。
2065年には14歳迄の子供が現在1690万人から
898万人に減少すると言われております。
働く人々の為に快適な住居、教育、便利さを備えた居住環境を作らないと
今後日本の将来は暗澹たるものになります。
別に難しい事ではありません。やる気があれば直ぐにでも出来るのです。
オリンピックも人によっては大切かも知れませんが、
もっと真剣に国民にとって何が必要なのかを熟慮に熟慮を重ねて
問題の解決を行うべきなのです。何度も書いてきましたが
間もなく強度の地震が発生し、未曾有の被害が齎されるかも知れないのです。
小さな商店で働いている労働者も大企業の労働者も
ほぼ変わりがない生活が出来る様にしてあげて下さい!
政治家の皆様 お役人様!

北朝鮮の問題はやがてトランプ大統領が揶揄したロケットマン
金正恩(キム・ジョンウン)と厳しく対峙し平和裏に問題が解決されるのか。
あるいは戦争への火蓋が切られるのか大きな山場にきました。
固唾を飲んで私たちは見守るしかありません。
韓国は北朝鮮と和合し将来は韓国の国力を引き上げたい目論見があると考えます。
その際北朝鮮の戦後処理を迫ってくるに違いありません。
すなわち戦後賠償です。
きっと莫大な損害賠償を求めてくるに違いありません。

刀剣に関して
先日ご自分の保有される特別貴重の付いている
村正の刀を御処分していのでという電話相談がありました。
よく聞くとネットで購入された由、
価格をうかがうと500万円近くで購入されたそうです。
村正の刀でしたら業者間でも1000万円以上しますし
あきらかに真偽が疑われると考えられるしなものです。
皆様方も充分に気を付けて下さい。
過去発行された特別貴重刀剣の中には偽銘の作品も間違って
正真として認定されている刀もかなりあるのです。
地方審査がありいい加減な審査で
偽名刀を正真として認定した事に由来するのです。 
現物を拝見しておりませんので偽銘であると断定は出来ませんが、
まず良く精査しなければならないでしょう。皆樣方も気をつけてくださいね。

春となり桜の開花も間近です。
奥様を大切に!老人を労りましょう!
お子様は厳しくそして愛情を持って接し動機付けを常に与えて下さい。
何故何故はその大切なシグナルです。
それでは皆様御機嫌よう。
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 17:09| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

社長の一言(平成30年2月20日)

今年の冬はえらい寒かったですね。
公園の土を見ると霜柱が立っておりました。靴で踏むときらきらと霜柱の氷の部分が見て取れました。今てはこの寒さも落ち着き春の息吹を感じさせる時期となりました。三寒四温も間近です。先日花屋さんに桃の花が売っておりました。少し買い求め自宅で飾り、やがて来る春の雰囲気を楽しみました。

先日久しぶりに米国から業者が立ち寄ってくれました。当時6歳だった息子さんを連れて、今では30歳以上でしたが父親と息子さんがとても仲が良く冗談をいいながら話している状況は羨ましい限りです。
外国人はこの様に父親と息子、娘との間にコミニュケーションが良く取れている傾向が強く、日本では特に父親と息子、娘の間が冷ややかなのは、あまり親と子供との間で一緒に遊んだり、行動を共にしなかったのでは無いかと私自身も反省をしております。
皆様方のご家庭でもいかがでしょうか。出来るだけ父親は子供達と行動を共にする事をお勧め致します。
なぜ私達日本人は、経済は最高の景気であるにも関わらず消費が延びず満足感が充足しないのか考えてみる必要があると思うのです。
人手不足は深刻で家族経営で一人病気でもしたなら店を閉じなければならず又店員を雇用しようにも、一人もあつまらない状況に立たされ店を閉めれば食べてはいけません。退職金などはないのです。サラリーマン諸君も給与はこの間、増えてはおりませんし、将来の年金の不安要素から消費はせずに貯蓄にまわしております。
都会への一極集中は地方の過疎化となり都会で過ごすためには相当の給与を取らなければ高額なアパートの賃貸料金、遠方からの通勤地獄です。満員電車に通う皆様方の顔は難しい哲学書でも読む様な顔をなさっていますよ。
壁の薄いアパートでお互いが気兼ねしながら生活したり、家族同士で食事がとれないというのは異常かもしれません。
解決する方法は都会からの一極集中を無くし郊外にミニ都会を造り
からお役所、企業を地方への分散を考えるべきです。ミニ都会スマートcity。 最先端の技術をもって利便性を重視して全く新しい感覚で国民が中心となって安価で素晴らしい都市を作り上げれば、多くの会社が多摩や過疎化の進んだ自然に囲まれた場所に移動し、そこで働く人々が余裕を持って生活出来る地方都市を幾つも作るなら家は大きくノンビリと過ごし家族で食事を共に出来ると考えるのです。
父親と休みの日は野球をしたり森を共に散歩したりバーベキューをしたりしたならばもっと過ごし易い国となり笑顔もでるでしょう。 
満員電車に揺られて1時間半も立ち続けであれば往復3時間は無駄な時間を過ごしとても体力が無ければ身体を壊したり精神的に参ってしまうのではありませんか。 大雪が降っただけで都心は大混乱が起こり右往左往する有様です。まもなく大地震が東京に発生する危険すらあるのです。今こそ国民、政治家、お役人様は知恵を振り絞り将来の都市計画を行わなければなりません。
但し政治家とお役所、企業との合作はお断りしたいものです。
癒着によって各省庁が縄張りとして入り込み税金を貪り彼等の都合の良い天下り先となるからです。森友学園の土地売却問題、佐川国税庁長官の不可思議な栄転問題、加計学園問題など解決する為には国民がもっと政治に注目し参加していかなければ政財界の癒着によってとんでもない事になるのは火をみるより明らかです。
(佐川国税庁長官のコメントでは<適正・公平な課税・徴収の実現を図ることが重要だと考えており、職責の重大さを感じている>などとしています。)真面目な国税庁職員や税務署職員はこの佐川氏の就任に対して無念さを感じているのでは無いでしょうか。
都市計画を行うには土地の価格の暴騰を避ける為に前もって値上がりが出来ない様に政治によって地方の土地の価格凍結をしておけば投機は無くなるでしょう。強制力をもって国が買い上げる方法もよいと考えます。いずれにせよこの閉塞感を何とかしなければならないと考えます。国民の為に政治を司る政治家の出現は私たち国民に委ねられているのです。良心的な国民によって政治を動かしていく時代なのです。地方に企業も人も移住し余裕有る生活を家族で楽しんだならばきっと家族の絆も深まり楽しい明るい家庭になるに違いありません。

日本刀
刃切れに関して
刃切れは刀剣界では忌み嫌われる現象で高額な刀が一瞬に無価値として評価されております。業者間では購入してから刃切れを発見した場合は無条件に返却が出来るのです。しかしながら刃切れの刀を試しに抜刀を何度も行った方の話ではそこから折れる事はなかったと良く聞かされます。
使用上は問題がないので、忌み嫌う事無く積極的に居合い刀として鑑賞用として評価をして欲しいと願っております。恐らく将来は日本刀に対する価値観も変わり再評価されるでしょう。

刀剣博物館の審査は4名で審査がなされているそうです。
その為鑑定が別れる場合があり保留となるケースが最近多くなってきております。保留とは正真、偽名の判断がわかれ決着が出来ない場合という事ですから偽名という事ではありません。
その場合は慎重に取り扱われる事をお願い致します。2度3度だして合格する場合が良くあります。
なを刀剣博物館は安田庭園の隣に建設された為かなり環境も良く
流れる隅田川が見える場所で大変静かな場所ですので1日のんびりと鑑賞や庭園を散策されると良いでしょう。展示室の照明も良く
ゆったりとした雰囲気は落ち着いて鑑賞が出来ます。

オリンピックで日本はかなり良い成績を出しております。
ロシアがドーピング問題でオリンピックに参加していないのも原因ですがやはり日本が勝つと嬉しいものですね。
懸命に頑張るアスリートの姿に偏屈な私でも感激するのです。

皆様これから暖かな春がやってきます。どうか前を向いて歩きましょう。
奥様を大切に!明るい笑顔を向けてあげて下さい。
お子様には躾を厳しく、なぜなぜという質問には明るく真剣に応えてあげて下さい。良い動機付けになると良いですね。
お年寄りを大切に!長い人生経験がありますよ。

それでは皆様お元気でご活躍ください。
御機嫌よう
日本の政治を良くする会  ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 15:33| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

社長の一言

皆様お元気ですか。

東京の公園は落葉樹の木々から木の葉は落ち葉となり
一面枯れ葉で埋まり枯れ葉のカサカサという音を楽しみながら朝の散歩を楽しんでおります。

大相撲の横綱日馬富士が10月の宴席で、東前頭8枚目の
貴ノ岩(27)=貴乃花部屋=に暴行を加えて
大けがを負わせていたことが14日、分かった。
単なる酒でのイザコザが大きく発展し横綱日馬富士が
相撲を辞めざるを得なくなったのは大変残念な出来事でした。

昔から相撲取りは無理編に拳骨といわれる位厳しい修行が
まっていたと言われております。事実2007年には時津風部屋で
時太山が暴行され死亡し、2008年2月に元親方らが逮捕された。
そして今回の事件となりました。日馬富士は貴ノ岩を息子の様に
可愛がっていたと言われております。 
又日馬富士は日本に来て相撲を取り続け横綱に昇進し努力を重ね
最も日本人らしい力士と言われていた人物で辞任する時の
引き際の見事な話し振りは私達も目を見張る態度、説明がなされました。
モンゴル人として来日し数多くの障害を乗り越えて
相撲を愛し、最も日本を又相撲を理解した人物であっただけに本当に残念です。
日本人よりも日本人らしいと言われた横綱であっただけに
常に努力と情熱、熱意の固まりと今でも私は確信致しております。
貴ノ岩もこの事件で彼の行動によって引き起こされた
事件であるだけに(善悪は兎も角として)今後果たして
相撲がとれるだろうかと危惧の念を抱いております。

彼の言動や行動によって日馬富士を辞任迄追い込んだという出来事は
彼自身の大きな責任として肩にのしかかってくるのでは無いでしょうか。
日本人の相撲取りとモンゴル人の相撲取りとは国民性の違いがあり、
いかに努力してもこの差はありえるのかも知れません。

今後日本の相撲界にやってくる数多くの外国人の対応や
日本の極めて封建的な相撲社会にとけ込ませる為には通り一遍の言葉だけでは
難しいと考えます。又これは数多くの外国人が日本に来て働いたり
結婚したりして日本の習慣や文化に溶け込んでもらう為にも
よく考えておかなければならない事なのです。
日馬富士が素晴らしい横綱であっただけに無念ですね。 
男らしい辞任の挨拶を聞き今後のご活躍を祈りたいのです。
私見ですが貴乃花親方の立場は微妙ですが相撲界全体及び
モンゴル力士の活躍や国民性の違いや相撲という独特な習慣、
封建的な人間関係や閉鎖的な中で相撲界全体を一部の理事や取り巻きによって
取り仕切られる状況下の中でこの問題や相撲の世界を一般国民に
理解が進む為にも彼の意見は大変貴重で処分されるいわれはないと考えます。

先日強行軍で東北に行き、一泊して東京に戻り、翌日九州にさらに
翌日名古屋へと飛び回った結果風邪をこじらせてえらい目にあいました。
数日間休みを取りようやく回復状況となりました。
年を取ると中々回復が難しく、後迄はっきりしない体調でした。
若い時の風邪と異なり咳が止まらずほんま、辛かったです。
皆様方も体調には十二分にご留意され楽しい毎日をお送りください。
景気の良さが世界的となり法人税の値下げが注目され
どの企業も営業成績がかなり上昇しております。
かつて私が予想していた
日経平均株価が24000円に近ずいてきております。
そらく日本の経済環境からおして、それを抜くのも近いと私は考えます。
株は上がれば必ず下がりますし、下がれば必ず上昇するものです。

世界に膨れ上がった資産が儲かる為にはどうするべきなのか右往左往致しております。  
米ニューヨークで15日行われたオークションで、キリストが描かれた
レオナルド・ダビンチの作品「サルバトール・ムンディ」(救世主)が、
美術品として史上最高額となる4億5030万ドル(約508億円)で落札された。
たったの1枚にの絵ですよ。世界の大金持ち62人が全世界の半分の富を持つと言われ
その不公平さが貧乏人対金持ちとの間で大きな溝や反感が出てくるかもしれませんね。
金持ちは投資する金額は半端ではありませんので1日の収入は46億円にもなるそうです。

しかしながら人間が年を重ねやがてあの世に旅立たなければなりません。
いかに豪邸に住み巨大なヨットがあり自家用の飛行機があったとしても
自宅で過ごす時間はどの程度でしょうか。
又何時間巨大なヨットで過ごす事が出来るのでしょうか。
いずれも達成感を感得し満足感を得たとしても
次なる欲求が現れてくるのでしょうね。まるで逃げ水の様に

ビットコイン投機は大変危険な投資ですから充分気を付けて下さい。
今の所多くの投資家は儲けている方が多いようですが
ビットコイン投資は世界で日本人が40%の取引だそうです。   
中国では政府の規制が入り、購入が難しいと来ております。   
私もこのビットコインに関して勉強をしたいと考えております。 
でも私は投資はしないでしょう。儲かるから投資をするのでは、
やがて大暴落が発生した時はどのように逃げるのか良く考えながら大切なお金を投資して下さい。
今年は株、土地の高騰。企業の高収益によって
経済はかなり順調の様で美術品もかなり安定して高く推移している様です。
刀の地金、刃紋、映りなどをじっくり鑑賞しながら
今年の自分の行動を確認し来年は幸多い年と祈ろうではありませんか。
お子様には厳しく、優しく接して強い意志をもつ人物に育て上げて下さい。  
奥様を大切にいたわりの気持ちをもってあげて下さい。
お年寄りにはやさしく声を上げて接して上げて下さい。
それでは皆様良いお年を迎えて下さい。 
御機嫌よう 
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 11:02| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

社長の一言(平成29年11月24日)

平成29年11月24日
先日かって私の店でアルバイトをしていた中国人交換留学生が
16年振りに家族と共に訪問してくれました。 
相変わらずの明るさと気さくな態度ですが
頭には白い髪の毛があちらほらする状況で
歳の流れを否応無く感じさせられました。
非常に優秀な方で特にネット関係には大変詳しく
真面目な方でした。
昼食には大降りの弁当とおかずを自ら作ってこられました。
あまりにも優秀なので私の店で将来社長になりませんかと
誘ってみたことがありました。数日後に申し訳ありませんが
中国の戻らなければなりませんと話し、その後1年程して帰国されました。
現在では中国の大学で教授として建築設計などを教え
又、自分自ら建築設計事務所の社長をして頑張っているそうです。   
中国の大学は兼業が認められているのだそうです。 
私は過去中国人を何度か雇用して参りました。  
日本人と比較するとそんなに変わった事は無いのですが
中国人はしっかりとした目的を持って仕事をし、
得られる知識をどん欲に吸収する傾向があります。
金銭感覚にも厳しく要求ははっきりと話す傾向があると考えます。
現在中国は世界第2位の経済大国となり米国をも脅かす存在となりました。 
中国は単一民族であり、中国共産党中央委員会総書記である習近平を
頂点として命令一下、下部組織に至迄伝達され行動に移されていくのです。
一方米国は多民族国家である為に色々な意見が吐出され
統一意見や行動は極めて難しいと言えます。 
アフリカ系、アジア系、ヨーロッパ系、メキシコ系等々が自分たちの損得を賭けて
お互いが鎬を削っているといっても過言ではありません。
今迄はその多様性によって異なった意見を言い合う事で
お互いが刺激となり科学、文化、経済、等に多大な発展を遂げて参りました。  
しかしながら今後その事が足かせとなって貧富の差が大きくなり
貧しい階層と金持ち階級との間でぎくしゃくした差別が出てくるのかもしれません。
一方中国は習 近平を頂点として命令一下目標が定まれば
どんな困難がつきまとおうと目的を達成出来る強みがあリます。
最近驚いたのは外国人で中国語を話す人々が多くなったと考えます。
将来は英語より中国語は必要となるのかも知れません。
まーそうなるのかは分かりませんが勤勉で自己主張をきちんと行う態度は
私達日本人も見習うと良いのかもしれませんね。
今回中国人留学生が示してくれた、わざわざ店に訪問してくれる
優しさの気持ちは嬉しく日本人にはあまりない心からの優しさを感じさせるのです。  
昨今の日本人は表面的には優しいのですが
意外と冷めた部分があるのかなと考える昨今です。
先日NHKで放映された番組で皆様方も御覧になった方が多いと思います。  
韓国では大学を出ても優良な企業にはなかなか就職が出来ず
ある大学では日本の企業に就職する為の大学があるそうです。
朝8時半に登校し、もし遅刻すれば罰として校庭を10回走る規則があり
夜遅く迄勉強を行い日本人とは変わらない日本語をマスターする事が要求されている為
卒業時には完全に日本語が出来る様になるそうです。 
卒業時には日本から来る主にIT関係の人事担当の職員が
面接を行い日本の企業に就職が決まっていくのだそうです。
この学校の日本企業の就職率は何と100%だそうです。
学校では徹底的に教育され自らが会社を引っ張っていく様な能力
が要求され皆の前発表しなければならないので真剣そのものといえます。
一方日本の学生は人材不足で厳しさのない情況で会社に入社する訳ですから
実力の差が歴然としてきます。さて彼等と机を並べて仕事をする時
会社のトップは誰に仕事を任せるのでしょうか?
しっかりしないと大変な事になりますね。でもいいか。
優秀な人材によって会社は発展するのですから国籍はどうでもいいか。
最近は恐ろしい事件が多発しております。
連続殺人事件が発生しました。自殺願望を餌として誘い出し
自宅に連れ込んで殺害するという惨い事件が発生しました。 
なぜこうも易々と従って付いていったのか正に驚きであります。 
人間は時に辛い事が起こり、その精神的な苦痛から中々抜け出せないのかも知れません。
自分の苦痛を人に知ってもらいたいという願望があるのかも知れません。
信仰を行ったり、なにかに挑戦してみたり、気分を変えたりする努力が
必要なのかも知れません。ほんの少しアルバイトでもすれば
生活が出来る現在、人と人との接触がなくスマホに没頭する以外
人間同士のコミニュケーションが出来ない時代背景があるのかも知れません。
日本刀の窓開けに関して
日本刀が完全に錆びていて地金や刃紋が全く分からない場合
一部を研磨する事を窓開けと称します。
先日窓あけをした作品をご覧下さい。
この窓あけはそれほど難しくありませんので挑戦して見て下さい。
簡単な研磨方法に関しましてはその内に皆様に話し合う機会があると考えます。
大刀剣市の状況
私はこの度は見学にはいきませんでしたが外国人の話ではかなり盛況であったそうです。  
しかし品物が高く購入出来なかったとこぼす外国人が
多く高額で最上クラスの作品がかなり売れていたそうです。 
業者間での取引では安い品物は中々売れずしっかりとした作品が売れ筋となっております。
又白鞘入りの作品は敬遠され拵え付きが好まれております。 
今回の刀剣市では外国人がかなり購入に参加しており
名品を求めて3日間通い詰めた業者や愛刀家が多かったと聞き及んでおります。
ネット販売の影響で一般の方と業者との間の垣根と
取り払われあまり価格差が無くなったと言えると思います。 
最近外国人業者が日本の業者の市場に参加して落札するケースが目立ってきております。 
中古車の販売も外国人が日本人とともに競りに参加する時代となり
日本の業者にとってもかなり厳しい試練の時期と言えます。 
消費者の目が厳しく瑕や欠点を許さない時代となり、
より細かくより優れた作品を販売しなければならない激しい競争時代へ突入する時代と考えます。
当社でも白鞘入りの作品が中々販売できない時代となり、
なお一層注意深く時代の流れを見つめなければならないと決意する昨今です。
ご老人を労りましょう。いずれ貴方も老人の仲間入りをするのですから。
奥様と仲良くお過ごし下さい。
秋の紅葉に旅行されたり、お食事に誘ったりしてあげて下さい。
お子様には厳しく躾け、なぜ、なぜという質問には丁寧に優しく
最後迄動機付けをしてあげ励まして下さい。
それでは皆様御機嫌よう
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
blogsabi_part1.jpg
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 18:02| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

社長の一言(平成29年10月28日)

平成29年10月28日

選挙が終了し、自民党は圧倒的な勝利をものにしました。
多くの方々が意見をのべておられる内容に尽きると考えます。
希望の党がのびない理由は小池氏が東京都都知事の
職につきながら国政へと手をのばした点と
前原氏の希望の党への擦り合わせが全く
出来ていなかったと考えます。 
国政を任せられる能力と熱意が感じられなかったのです。
特に前原誠司氏の行った賭けは民進党の空中分解となって
消え去ってしまったという事で大失敗に終わりました。  
今後は立憲民主党がその役割をになって躍進して欲しいと
願うばかりです。
希望の党は相当深く反省をし実績を残さなければ
消え去ってしまうかもしれません。
都民ファーストの生みの親として小池さんは
めりはりの付いた都政を都民が満足する行動、
実績を積み上げていかなければとても支持はされなくなりますよ。

まず第一に都民ファーストの議員一人一人が目立つ行動を行い
目に見えて都政が良くなったと評価される努力を
続けていかなければなりません。
次の選挙を目指して目立つ評価がでれば選挙民は安心
して国政を任せるのかもしれませんが、北朝鮮問題、
待機児童、人口減、少子高齢化、原子力発電、教育、
消費税、自衛隊のあり方、等々に関して猛烈に
勉強され議員が自信を持って国民に話しかけてくる
積極性がなければとても国民の支持は取り付けません。
希望の党都議会議員が都民に果たして
身を乗り出して議論をしてきたでしょうか? 
目立つのは小池氏だけでは話になりません。
支持されなかった理由を良く吟味され
今後の活躍、目立つ行動はどうするのか
地道に行動して欲しい。国政へと進出しようとする
能力も実力もなかったのです。
その事に国民は不安をかんじたのです。

最近当社のお客様が年齢を経て、かってご購入されていた
日本刀をご処分され、日本刀の世界から去られる方が
見かける様になり寂しい気持ちとなります。 
自分自身が亡くなる前にご処分されるのでしょう。
先日も93歳になられる元気いっぱいのお客様が
埼玉県の田舎から電車に乗り継いでこられ
最後の別れですと申されながらお見えになりました。
又まだ私より若い方でしたが最後の挨拶に来られ
時代の過ぎ去る早さに驚くとともに、
今後はほとんどお会い出来ないと
考えますと寂寥感を覚えます。
お子様やご家族が日本刀に対して全く興味をしめさない事が
大きな原因で愛刀を手放さなければならな
くなったと寂しくはなされました。
今後日本の愛刀家が家族に託すこと無く
処分していく光景が想像されます。
世界の中で類い稀な日本刀の真に意味を知り
現代の喧噪に満ちた時代だからこそ静かに
鞘から抜き出し鑑賞に浸り新たな元気をもらって
活躍して頂きたいと考える昨今です。
先日お客様が宇多国房の在銘の名品を持参されました。
見事な反りとほぼ生姿の姿を保ち
肉置きが良く抜群の地金の良さと映りおよび
穏やかな小呉の目みだれに
刃中、砂流、金筋が働き帽子は乱れ込んで
いかにも南北朝時代の北国物は鑑賞致しました。
特に鎬地の小板目肌と杢目肌が混じった
品格の良さを鑑賞し堪能いたしました。
日本刀を鑑賞出来る幸せを感じました。
皆様も是非刀を持つだけでなく鑑賞して下さい。
肉置きの良さ地金の素晴らしさ、映りの有無、
刃紋の働き等を見ておりますと
直ぐに時間が過ぎ去っていきます。 
私達はノンビリと過ごすゆとりの時間が必要なのかも知れません。

先日私の店に来店された職人さんがはなしておりました。
この職人さんは過去自由奔放に生活をされてきたと考えられ
一筋縄ではない方で常に笑顔を絶やさないのですが
時に眼光が鋭く過去は相当な悪ではなかったのかなと
想像される人物です。しかし歳を経て明るさのある誰と
でも話せる気さくな人物ともうせましょう。
若い女性にも気さくに冗談を話したりするので
人気があり背の高さ面相も良く素晴らしい人物です。
奥様は30歳程の年齢差があるのはまずは
うらやましいかぎりです。が大変だなとも思えます。  
先日彼が一人で寿司を食べに寿司屋にいった時
外国人が一人入ってきたそうです。
その時にいらっしゃい、なんに、しましかとにぎり
職人に聞かれたそうです。(ガレージ)といったので
周りの人たちも目を見つめ合い 何だいガレージとは? 
やがて彼はジョークで蝦蛄と分
かり 蝦蛄か?と話したところ、そうだと皆の笑いをとったそうで
す。  次に、はうまっち、と板前さんに話した所、はまちかい?
と聞き返した所、のー、のーと返答され皆が考えていたところ彼は
いくら、と答えた所、そうだという返答でかなり打ち解けて話が盛
り上がったそうです。私がこの会話を皆様に話すのは日本人と外国
人との間で見知らぬ人たちとの会話の楽しみ方が違い彼等は表面的
には他人同士の会話が大変上手であり日本人はかなり下手であると
考えるのです。 日本人は他人に対しては滅多にこちらから話すこ
とはありません。随分と損をしている感じが致します。私をも含め
てですが。 外国人男性と結婚したり恋人に持つ日本人女性がかな
り多く見かけますが日本人男性の女性にたいしての気後れはチャン
スを物にしていないもどかしさを感じさせます。 国内の風土や伝
統がそうさせているのでしょうか。日本の男性諸君、積極的に女性
に対して会話を楽しむ習慣を身につけ声をかけて下さいね。
私は年齢が77歳ですがやがて養老院に入りお饅頭をえさに女性と
会話を楽しもうかなと考えております。お花ちゃん、お熊さん、お
ふでチャン 一緒にお饅頭食べない なんてね
今年は天候不順で参りましたね。  
雨が異常に降り晴天が少なく
どんよりとした天気の中で過ごした感じですね。
新聞によると子供達同士の虐めが多発しているそうですね。
胸が傷みます。以前からこの虐めには触れておりますが
強い者が弱い者を虐めたり男の子が女の子を虐めたり、
集団で弱い者を虐めたりすることは卑怯な事で
恥ずかしい最も人間の腐ったような人物だと教え
込んでいかなければなりません。特に学校では校長先生が子
供達が入学した時点から朝礼や入学式で訴えていかなければなりま
せんしその意味が子供達の心の中に浸透してはいきません。文部省
では虐めを把握するだけで何ら行動に移してはいません。
虐めは卑怯な事で虐められた者は一生死に至る迄恨んでいき虐めた
人物は優越感に浸りすぐに忘れ去っていくのです。  
どうしてこの様な事を学校や社会では
子供達に教育出来ないのか誠に不思議です。 
日本刀を愛する私達は是非未来を託す子供達の為にしっかり
とした道徳教育、学校教育に注目しようではありませんか。
お年寄りを大切に。ご家庭を円満に。ご主人はご家庭の船長さん
です。将来を見つめ奥様を大切に。
子供達には厳しく躾を行い、なぜ、なぜという質問には身を乗り出
して真剣に答えて下さい。将来の動機付けを行って下さい。  
きっと良い子になりますよ。
それでは皆様御機嫌よう。

日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 18:18| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

社長の一事

平成29年10月13日
今回の選挙は青天の霹靂解散とでも付けましょう。
自民党は首相の考えで、解散する必要も無いのに言い方は悪いのですが、
解散が自民党や首相個人の問題を回避させる為に決意させました。
といっては言い過ぎでしょうか?
民進党は野党第1党であったにも拘らず、前原誠司党代表は
この選挙によってかなりの議員数が落選すると読み
小池氏の緑の党に鞍替えしそこで多くの議員を温存させ
緑の党をのっとる算段であったと考えられますが、
したたかな小池氏より踏み絵を突きつけられ
民進党はあっけなく雲散霧消してしまい、
ちりじりばらばらとなってしまいました。    
東京都都知事の小池さんは都の選挙において
地域政党、都民ファーストの会を立ち上げて大勝利を
果たしたにも拘らず、目に見える行動や期待出来る制作を
実現してはおりません。豊洲、築地その他でも都民の満足を
得られる様な行動がなされず都民に失望感が漂っております。 
東京都都知事に留まるのか、衆議院選挙に打って出て
希望の党の党首となるのか狡さが垣間見える気がいたします。 
これからの国を自民党には任せられないといって希望の党も同様です。   
希望の党はこの難局の中で例え政権を取ったとしても
したたかなお役人様を操縦していけるとは思えず
又合流した議員をまとめて政権を運営していけるとは、とても考えられず、
あまりのびず尻窄みとなるの違いがありません。 
これは過去維新の会が大きく党員を増やした時
仲間割れが発生し人気が急激に支持を失った情況と良く似ております。 
まず慌てずに東京都の都議会をきちんとまとめ上げ
都民が納得のいく仕事を完璧にこなしてから国政へと
移っていかなければ失敗するでしょうし、恐らく今回の選挙では
かなりの悪い結果となるでしょう、一方自民党は民進党が
空中分解した事と、北朝鮮の問題が日本にとって非常事態と考える
国民が多い事、応援演説では河野氏小泉氏の歯切れの良い演説で
国民は好感し支持を大きく伸ばしていくのではないでしょうか。 
私のとって残念なのは希望の党が勝利を急ぎ
なんら対策もないまま選挙に進んでいる事なのです。
まず東京都都知事選挙で約束した事をきっちり行い
都民の圧倒的な支持を得なければ
とてもとても国政などは考えない事です。結果は
残念ながら期待外れと想像ができるのです。
今考えなければならない事
日本は少子高齢国となり若い人々は結婚しなくなりました。
なぜ結婚しないのか?この深刻な問題を掘り下げていかないと
将来大変なことになります。衆院が解散され、
多くの議員が頭を下げながら連呼する様を見る時
もっとも重要な国家の大事があるのではないかと
考えさせられるのです。なぜ若者は結婚しないのか。
通常結婚するとアパートや遠方のマンションで生活をし
満員電車で1時間以上かけて通勤しなければなりません。 
赤ん坊を育てる御家庭ではお子様を育てる為に
懸命な努力がなされ、夜泣きをされると赤ん坊と共に
外に出て泣き止む迄辛抱しなければなりません。
こんな状態が続く中で両親は働きに出かける事も出来ません。
保育園も貧弱、居住環境も極めて悪く、
政治は殆ど打つ手はなくどの党も期待がもてないのです。
日本の所得は今やシンガポールと同等
あるいはそれより悪いのが現実です。
都市に一極集中する人口に政府が無策である為
居住環境が悪く、またアパートの家賃も高額で
働いた給与が殆ど消えてしまう現在の環境に
何とか手を打たなければならないのです。
その為には大きな都市にはこれ以上人口を集中させない方法を
考えなければなりません。田中角栄氏がかって行った
日本列島改造が必要なのです。
(充分な事前の調査や税制、検証実験が必要)  
企業の大都市集中を止めさせ郊外や過小な都市への
移住を政策で行い企業に対しては優遇税制、
しばらくは法人税の極めて低い税制をあたえ
更に国の行政機関を都市ではなく地方へと
移動させなければならないのです。
都市郊外や過疎地であれば大きな家やマンションに
住む事が出来ますし、赤ん坊がいかに泣き叫んでも
問題はほとんど発生はしません。ゆとりのある自宅では
広い空間で生活が出来又勤務場所迄自転車通勤が出来、
満員電車での通勤は無くなるでしょう。
又広い空間がありますので風呂も大きく
テレビや電気冷蔵庫も大きくでき快適な生活が出来る筈なのです。 
若者が結婚しやすく又将来に期待が持てる政治が必要であるのです。
研磨に関して
日本刀の研磨は、戦う鉄製の武器が中国、朝鮮半島を経て
日本に伝わり国内で更に改善され、研磨技術への発展に伴い
地金の良さや刃紋の美しさ写りを出す技術、
更に日本刀の体配の良さを追求するなかで
それらの刀を比較、鑑賞する習慣が出来るにしたがい、
より優れた作品を制作する様になりました。  
制作する刀工は自ら制作した作品を誇示する為に
茎に銘を入れ懸命により優れた作品を製作する様に
努力を傾注し、また鑑賞する側も、より高度な魅力的な
刀を求める様になったのでしょう。
さらに鑑賞会などが行われ競い合って位列の高い
名品を求める様になっていったのでしょう。
平安時代以前から現代に至る迄日本刀は貴族、武士を問わず
彼等の象徴として日本刀を大切に保存され次の世代へ
と伝世していったと考えられます。最も重要視されるのは
錆びさせない、肉置きを大切に刀身を減らさないで丁寧に研磨を施す。
という統一された考えが彼等にはあったと考えられます。
私は過去海外で沢山の日本刀を購入し国内で販売しておりました。 
海外の日本刀は戦後進駐軍として日本に進駐した軍人
米国人を筆頭に、イギリス人豪州人、カナダ人、フランス人と多彩でありました。 
彼等は自国に戻る時、格好のお土産として戦勝国の誇りとして
日本刀を持ち去る、それは習慣といってもいいほど多量に持ち去りました。 
それらの日本刀は過去の歴史の如く
大切に研磨が施され肉置きの良い作品が多かったのです。
古刀であっても肉置きの良い刀身は蛤の表面を感じさせる
ふっくらとした作品が多かったと断言致します。
最近とても気になりますのは現代刀でも肉置きのない
ぺったんこの作品が多いように思うのです。
確かに刀身の平肉を取りますと鋭さを感じさせますし、
研磨を行う際砥石に良くあたる為には平らな面であったほうが
研磨し易いといえるのかも知れません。
肉置きをふっくらとさせる為には刀身を丸くなる様に
研磨をしなければならず鋭さには欠けるのです。
研磨が重要視される様になったのは一概には言えませんが
研磨師の研磨技術の向上と考えます。
これは刀剣博物館で行う研磨コンクールが
研磨技術の向上?に大きく役立ったと考えるのです。
一方この研磨コンクールに弊害も目立ってきました。
研磨に合格させる為に色々と工夫がなされ薬品(酸系統)が
使用され過去使用されなかった地艶の固い部分で
地肌を荒らし肌目が良く現れた様な研磨が脚光を浴びると行った時代となり、
過去に行われたしっとりとした研磨や差込み研磨は人気がなくなってきました。
しかしながら皆様も良く考えて頂きたいのです。
研磨は何故行うのかという一点を考えてみましょう。
以前私は米国で2尺5寸の肥前国近江大掾藤原忠広を購入した事がありました。
その刀は長寸で姿形が良く、戦前に素晴らしい研磨が施されておりましたが
一部錆があり私の知人である作家の細野耕三先生に見せました。 
先生は三匹の侍を書かれた作家で(その小説はテレビ映画化されました。)
みるなりに素晴らしい刀を掘り出してきましたね。と話されました。  
先生に研磨をお願いした所(先生は研磨も行っておりましたので時代劇に
関してはかなり時代考証ができておりました。) 
もっと有名な先生に研磨を依頼した方がよいでしょうと言われた為
刀剣博物館に行き有名な研磨師をご紹介して頂き研磨をお願いしました。  
数ヶ月経過し研磨が終了し再度先生に見せたところ、
この研磨は一体なんだ。刀が全く変わってしまった。
すり替えられたのではないかと言われる始末で、
私もその刀を調べた所すり替えられた様子はなかったのですが
平肉がぺったんことなり、地金は猫が爪を立てて板を引っ掻いた様な
研磨となり肥前の美しい地金とは程遠い作品となってしまいました。 
平肉がたっぷりとあった時はどっしりとした刀でしたが
研磨後は重量も軽くがっかっりとしたものです。 
当時私はこの様な肌立った地金は最高の研磨師が研磨をしたと
考えていたのですが頭から冷水をあびた感じとなりました。
研磨コンクールによってそれぞれの有名な研磨師も
含んで選別がなされ優秀賞さらには無鑑査刀匠が決定されていきます。 
無鑑査ともなれば刀剣研磨の依頼が多くなるでしょう。
確かに研磨技術は高まり研磨しなくても良い刀が
2度も3度も研磨が施される様になった事実があります。
又重要刀剣や特別重要刀剣などの認定には必要とはしない
研磨済みの刀が再度研磨がなされて審査をされる事になるのです。
まるで研磨コンクールといっても過言ではありません。
私見ではありますが、江戸時代、明治時代、大正、昭和初期に
研磨された刀剣は派手さはありませんが
肉置きが良く大切に丁寧に研磨がなされ
蛤の表面を思わせるふっくらとした健全な作品が多いのです。
審査の基準を刀身の肉置きに最も評価の基準を合わせませんと
必要のない研磨が施されより目立つ研磨が脚光をあびるといった
間違った評価がなされるのではないでしょうか。
私は今でも山田英氏のお弟子さんであった市川さんの
研磨がなされた短刀を保有しております。 
市川さんは研ぎ場に、おかれた石膏で制作された色々な刀の
刀身の肉置きが置かれ私に向かって、いかに日本刀を研磨する時
肉置きに気をつけなければなりませんよと
丁寧に説明をなされておられました。
私も日本刀を見る際、肉置きを第一に見る習慣となりました。  
研磨技術は発達はしましたが酸を使用して刃を浮き出す事は
出来ますが所詮は酸ですから、刃紋はくっきりとは見えますが
電気に透かすと赤みを帯びております。
それはかすかに刃紋は赤く錆びているのです。  
又地金も酸によって地金に薄い酸の液体が入り込み
赤く錆びが発生して目では肌目が良く見てとれる地金に
なるのでは無いでしょうか。この事を市川先生は私に良く話してくれました。
今ではお亡くなりなりました。
昔に研磨された刀剣を拝見しますと肉置きのよい素晴らしい刀を
無銘であろうと下位の作品であろうと
拝見する時なにかほっとする時がございます。
最近はすっきりさせましょうといってその肉置きを取り去る研磨が
流行っているのも問題であろうと考えます。
まずは刀剣博物館での重要審査、特別保存審査等での
審査基準を肉置きのある作品を高く評価して頂きたいと思います。
下位に評価された刀であったとしても出来の良い
肉置きの良い作品はあるのです。生意気な様ですが
長年かかって経験しました私の意見です。 
出来るだけ研磨はなさらずに大切にお手入れを行って下さい。  
さて秋も深まり寒さを感じさせる季節となりました。
老人諸君、体調に気をつけて体を鍛え
栄養の有る食事をとり明るく元気よく、
くよくよせず前を向いていこうではありませんか。
奥様を大切に、たまには美味しい食事に連れて行ってあげたり
温泉にお連れして楽しんで下さい。
子供には厳しく躾をおこない
時には一緒に旅行や山歩きなどをさせてあげてください。 
選挙には必ず清き1票を入れて下さい。
それでは皆様御機嫌よう
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 代表 鶴田一成

autumn-1.jpg

autumn-2.jpg
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 16:48| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

社長の一言

北朝鮮が大陸間弾道弾を又も日本を超えて
太平洋に落下させました。
あまりにも素早い進歩に世界は驚いております。
特に驚かされたのは日本に落とされた原子爆弾の
数倍の威力があると制作された原子爆弾(水素爆弾)の小型化です。
金正恩と技術者が原子爆弾を前に、
満面の笑みを浮かべる光景が新聞等で報道されました。 
今後は更に開発が進み小型化されると中近東、アフリカ。
南米に売却して行く事が懸念され
早期に問題を解決しないと大変な事になると思います。
依然として米国を挑発しつつ自国の優位な立場を保ち
経済の優位性を追求していく事でしょう。 
中国、ロシアは北朝鮮の安く勤勉な人材が必要とされますし
米国も、うかあうかとは手を出す事も出来ません。 
中国の人件費は日本の2分の1となりました。
更に大会社の部長クラスでは日本を超えて
2倍以上の給与だそうです。北朝鮮の労働者は黙々と
懸命に働きその給与を殆ど国内に送金したり
国家に貢いだりしているのです。
中国。ロシアにとっても必要な人材です。

国連で討議され北朝鮮がいかに批難されようと
彼等は自国の主張は絶対に変えないでしょうし、
更なる軍事力を保有すると考えられます。   
日本は米国の力に頼るしかなくなすすべが
見つかりません。 
今世界のあちこちでイザコザが発生しております。
ミャンマーから隣国バングラデシュに避難しようと
するイスラム系少数民族ロヒンギャ、
ロンドンで発生した手製の爆発物が爆発した件
イスラムの世界でも武力衝突が行われております。
細かな情報が瞬時に世界を巡る現在世界のどこかで
争いが起こり弱い国や民族は徹底的に押しやられる
現在私達日本は戦後安穏と過ごす事が出来ましたが
これからは米国の力が衰え日本は日本で
守らなければならない時代に突入したのかも知れません。  
日本は世界に向けて戦争の恐ろしさを、原子爆弾の恐怖を、
より鮮明に世界に向かって常に説明を
していかなければなりません。あらゆる手段を
用いて戦争の愚かしさを日本から発信しなければなりません。

軍備の拡張のその先は必ずいざこざが発生し
小競り合いから戦争へと発展して行くのです。 
子供達の虐めと良くにていますね。
この北朝鮮と中国、韓国、日本、米国との間に
横たわる問題は早々には解決が難しいでしょうが
いずれ北朝鮮の崩壊へと繋がっていく様な気が致します。 
内部からか外部からかは推測は出来ませんが
案外と短期間で集結する感じがするのです。
国内では阿部首相が野党がごたごたしている時期と
自民党の支持が回復をしている事、
北朝鮮の問題を見た瞬間10月衆議院の解散を
決定しました。絶妙なタイミングで
国民は加計学園、森友学園
から目をそらされ消費税を8%から10%へと
引き上げその使われ方に於いてもすっかりとはぐらされる始末です。 
北朝鮮の問題を全面に打ち出し米国と共同歩調をとる事で
国民に支持を得たいとう事でしょうか。

私達が期待していた小池知事の行動は都民が
期待していた程ではなく希望の党として立ち上げた
新党についてもそれほどの支持はえられそうにありません。  
都民ファーストが勝利を得た瞬間から行動を行っていれば
国民の支持を得た筈なのですが沈黙をし続けてい
た結果都民は失望したのです。又国民も同様にです。
加計学園が獣医学部新設、森友学園は有耶無耶となり
闇献金や汚職事件は解明が出来ずじまいとなりました。
今後奇麗な政治は期待できませんので、
一旦は自民党にはお灸を据え
て他党に任せても良いのではありませんか、
誰が行っても代わり映えはしませんし政治家、
お役人様と業者との癒着で日本は成り立っ
ているので希望の党に自民党の厳しい
目線が向けられる様にする必
要があると私は考えております。
しかしながら選挙迄時間がないという事はありますが
希望の党に入党を希望する代議士や
元代議士がわんさと押し寄せる光景を目にし
ますとこの党にも期待できそうにもありませんね。 
まーお手並み拝見という所でしょうか。
阿部首相の一言で国民は選挙を行わなければならず、
私達は選挙にいかなければなりません。 
選挙には500億円以上かかるそうですよ。
選挙でどのような結果が出るのかは不明ですが、
必ず選挙に投票に出かけて下さい。
過去より良い政治を行わせる為にはどうするべきか
という1点に焦点を合わせ選択するしかないでしょう。

日本刀について。
中国や朝鮮半島から渡来した鉄器や武器を
日本刀として完成させた刀工達は太刀に銘を入れ
砂鉄を沸かして折り返し鍛錬を行い精良な
地金に仕上げていきました。
当時は無垢鍛えであり折り返した地金が何十、
何百層とアップルパイの様に層が重なっていたのです。
鉄というのは酸化しやすく錆びやすい欠点があります。
茎は錆びており刀身は良く研磨が施され手入れがしっかりと
行われております。
先日当社が扱った鎌倉初期の作品を見て驚きました。
銘はしっかりと残り鑢目も同様にしっかりと
残りまるで新々刀の如く鑢目が見てとれたのです。 
先に触れました様に錆びた部分の下は何十、
何百という鉄の層があり層と層との間は
真空状態で上の錆びた層は真空状態の空間を
通して錆が進行しないと考えます。
すなわち酸欠状態といって良いでしょう。 
その為に銘はおろか鑢目迄残るといえるのです。 
これに対して江戸時代末期から現代刀の
鉄は鉄そのものが精良すぎ更に硬度があり
鉄と鉄の間隔が詰み過ぎて
いるのでは無いでしょうか。
特に現代刀は自動ハンマーで鉄を叩き上げていくので
更につまり折角、折り返しても1枚の鉄板といえる状態と言えます。  
良く見ないと地金が見えない状態。 
柾目が詰み過ぎ小板目風に見える作品もあります。 
したがって一旦刀身が錆びますと早くして
錆が中へと食い込んでいきます。
一方古刀の作品は人によって折り返し
鍛錬が行われていきますから鉄と鉄の間の層が
あまり詰まず層の間がやや広く離れた状態になると考え
ます。新々刀や現代刀のお手入れはより
丁寧に行い銘の部分の中心
にも時折油をつけるとよいでしょう。
昨日もこの点を指摘しながら
お客様と鑑賞しお互いに感心したのです。
茎の錆の部分をほんの少
しサンドペーパーでこすれば、ぴかぴかの平安時代、
鎌倉時代の奇麗な地金が見える筈です。 
先人は偶然かも知れませんがよくぞこ
の様な日本刀を残してくれたと思います。 
皆様方も良くご覧下さい。
当社のホームページに在銘の
古青江弘次の茎の写真をご覧下さい。
おどろきまっせ。

暑かった夏も急速に去り朝夕の凌ぎやすい季節となりました、
皆様お元気でご活着下さい。 
老人を労りましょう。
奥様を大切に優しくしてあげて下さい。
子供達には厳しく躾け、なぜ、なぜという言葉は
貴方を信頼している証拠です。 
丁寧に身を乗り出して答えてあげて下さい。
そして目的の動機付けを行って下さい。

それでは皆様御機嫌よう。
日本の政治をよくする会 
ドンキホーテ 代表 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 15:28| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

社長の一言

日本の学校教育について。

今、日本の学校教育は曲がり角に来ております。

かつて日本はアジアの中で抜群の教育制度を誇り
世界のリーダーとしての役割と、を任じておりましたが、
昨今の世界の状況を見るとイギリスの教育専門誌によると
東京大学が34位京都大学は37位で
かなり世界の一流大学から離されているそうです。

日本が学校教育で立ち後れた原因は
変わりゆく世界の現状を見抜けなかったといえるのでは無いでしょうか。
かっての日本は均一化された数多くの学生を育成してきました。 
しかしながら個性のある人物を育ててこなかったといえるのです。 
かっては大学生迄学生服を着、帽子をかぶり
頭はいがぐり坊主頭で誰を見ても同じ個性を要求されてきました。
さすがに今では学生服を着るのは大学運動部の学生のみとなりましたが、  
ニューヨークの五番街で日本の高等学校の生徒達が並んで
黒い学生服を着て歩く光景はニューヨークの人々にとっては
オカルト集団のようにみえ、奇異な目で見られたものです。
現在においても、会社の就職説明会では
男女が黒い服で面接に訪れる光景は
実に奇妙な光景と私には見えてきます。
また成人式では和服を着る若者が殆どで
これも私には奇妙に感じます。   
個性の無い人間が求められ、型にはめられた日本人は
言われるままに行動する傾向があります。  
今、世界では個性のある人物が世界を動かしていきますので
独創力のある発想が出来る人物を求めて優遇するという時代なのです。

日本では最近、多くの企業が有能な外国人社長を求める傾向にありますが
残念ながら逆に利用されてしまい、
会社が倒産寸前に至ってしまう事もある様です。
日本は少子化と老齢化を迎え、有能な人物を海外から
国内に招かなければ立ち行かない状況となりつつあります。

どうすればよいのか?

私は学校教育を抜本的に変革しなければならないと考えるのです。

現在公立の小学校、中学校、高等学校では色々な問題が起こっております。
特に塾通いをする学生は当然学力は高く、
学校で使用する教科書で学ぶ事は時間の無駄であり退屈そのものといえます。
例えば小学校3年生の子供が塾通いをし
6年生の勉強をしたと仮定してみて下さい。
クラスは3年の教科書で学ばなければなりません。 
そこで学ぶ事は苦痛であり無駄な時間を過ごさなければなりません。 
学力のある子供達はどんどんと飛び級をして高度な学問を行い
学校の教科書についていけない学生には
丁寧に時間をかけて将来社会に出てからも
落ちこぼれのない学生を育成し、先生方は教育していく必要があると考えます。
又出来る子供は出来ない子供に対して時には勉強を教え、
そこから教え方を学ぶ事も社会教育として大切かも知れません。
時には先生が教えるよりも学生自身が仲間を教えていく方が
色々な面で時には効果があるかも知れません。

これには異論、反論、objectionとあるのは承知いたしております。

優秀な能力を持った学生を数多く育成し
日本を引っ張っていって貰わなければ
日本の将来は暗澹たるものとなるでしょう。

かって東南アジア諸国の国民に対して
優越感をもっていた時代とは大きく異なっているのです。 
それぞれの国は力を付けて逆に私達日本人が
彼等から学ぶという時代に移っていくのかもしれないのです。

これからの世界は大きく激変してまいります。 
自動車は今後電気自動車や水素を燃料とした時代へと移行して参ります。 
ガソリンエンジンは無くなりますので
数多くの関連会社やそこで働く人物はリストラとなるかも知れません。
日本を支えている自動車会社は世界から
数多くの参入によって市場を奪われるかも知れません。
自動車は精密機械の固まりですが
電気自動車は極めて簡単な構造になっております。
それが多くの他企業からデザインの優秀性や自動運転、
室内の快適性などで日本が誇っていた自動車産業が脅かされるのです。 
技術は思いのほか早く進んでおりますのでタクシーや
高速道路を走る大型自動車のドライバーは必要なくなるかも知れません。 
スーパなでで働くレジの人間も必要がなくなり無人で営業がなされるでしょう。
電車の運転手も、旅客機の操縦するパイロットも同様な事態になるのかも知れません。 
コンピューターが学習をして更なる技術や能力を備えてくる時代。 
将棋でも囲碁でも機械には勝てなくなってきております。 
あらゆる方面で同様な事が発生し企業で働く労働者の賃金は上昇しないかも知れません。



ロボットによって24時間フルで運転し続けていけるのですから。

労働基準監督局からも労働者からも文句も言われません。

世界に勝てる若い人々を育成する為にはかっての学校教育では
とても対応出来ず抜本的な方法を模索しなければならないと考えます。

数多くの大企業が倒産又は合併、縮小へと企業の形態が変わってきた原因は
過去、現在を分析し、未来を予測出来ない企業のトップが多かったといえます。 
恐らくそれらの企業の中には極めて優秀な未来を予測出来る
想像力のある人物がいた筈なのですが、残念ながら人材を生かす事が出来なかった。
すなわち同一化された社員がほとんどで個性のある人物を育てたり
優遇する環境がほとんど無かったに等しいのではないでしょうか。
会社で特許を取得し、大きく貢献した人物の待遇は
日本では恐ろしく低いと考えます。
会社を引っ張っていく本当の意味で頭の良い人物が
いかに大切なのか会社はもっと、もっと真剣に考えなければならないのです。
時には社長の給与を遥かに超える給与を取得しても良いのです。  
日本人全般に言える事ですが、頭の良い人とは良い大学をでたかどうか、
又は知識があるかどうかの尺度で推し量る傾向がありますが
これはナンセンスです。テレビで放映する知識を争う番組がありますが
その程度の知識であればいくらでもネットで検索出来るのです。
国家資格の中で最も難しい試験一つに法曹関係の弁護士試験がありますが、
たとえ合格しても弁護士の資格だけでは食べていけないのです。 
資格をとった後にどのようなサービスをクライアントに提供出来るか、
どうすれば顧客を掴む事ができるのか。真剣に考えなければ
資格倒れとなる時代なのです。
これは公認会計士、税理士にも当てはまるのです。
資格試に合格した後にその資格を武器として
今度は基本的な問題すなわちどのようにして
顧客を掴むのかが最も重要な課題となるのです。

創意工夫を行い自分自身の意見をしっかり持ち、
あきらめない行動力のある人物こそ
今後の会社にとって会社の存亡にも係る最重要な事なのです。
そのような人物を採用し教育していかなければ
会社の存続が危ぶまれるのです。
多くの大企業がここにきて倒産寸前迄至るのを見る時、痛切に感じます。

就職試験で相変わらず金太郎飴のごとく
リクルートスーツの学生の集団が試験に訪れております。

きちんとした自分に合った服を着て就職試験を受けてご覧なさい。

黒服ではない服ですから、きっと、かなり目立ちますから
会社より注目されきっと色々と質問をしてくるかもしれませんよ。  
その時がチャンスです。個性を大切にする時代です。  
人と異なる資質を大切にして下さい。
又採用されなかったならその様な会社には行かないことです。 
なにしろ世界には何百万という会社が存在するのですから。

今後好むとも好まないにも係らず数多くの外国人が日本へと移住してくるでしょう。
それを阻止する術はありません。
私は参宮橋、(新宿から近い駅)に住んでおりますが
夜になるとスーパーマーケットは外国人の数が多くなり買い物を行っております。
過去見られない現象です。老齢化、人口の減少を補って
数多くの外国人が今食べる為に職を求めて押し寄せてきているのです。

その為にも学校教育を抜本的に変え個性のある有能な人物を
育成しなければ世界に遅れをとる事となるのです。
会社にとって最も重要な点は何度も言いますが
個性があり創造性の豊かな人材を積極的に求め採用し
それを活かせる環境が必要なのだと考えます。 
現在中国、韓国、シンガポール、その他の国々の人件費が高騰し
かって人件費の安さに引かれて進出した日本企業が中国、韓国
その他の国々から撤退し日本に企業を戻す傾向が強くなって参りました。
しかしながら中国から企業を撤退するのは想像を絶する苦労が待ち受けているそうです。  
特に中国で稼いだ利益を日本に持ち出しが難しいのだそうです。   
更に最近では韓国、中国が日本に進出しようとする傾向が強く
将来それらの企業で働かなければならない日本人が多くなるのです。 
文部省はこの様な状況には気が付いていない様ですが
意外と早く日本に進出する外国企業が多くなると考えます。 
私は文部省の今の体質もそうですが抜本的に
解体する位この問題を考えなければ日本の将来は極めてあぶないと考えます。

今東京で建設される高額マンションのかなりの部分は中国人が購入しているのです。

会社での会議などでは平凡な内容を非凡にいってのける人物が重用されてきましたが、
これからは非凡な事柄を平凡に話す人物に注目しなければなりません。  
会社の目的は会社の利益を追求する事なのです。
いつまでも会社が存続し従業員が安心して働ける会社が求められるのです。

日本電気, シャープ, Panasonic, 富士通, 日立製作所、東芝、
数多くの大企業が外国からの猛烈な攻撃に曝され合併、買収であっという間に
消えてなくなるかも知れないのです。それでも今は景気が極めて良いのです。 
オリンピックが終了した時日本はどのように変化するのでしょうか。
景気が極端に悪化してノンビリと生活している
多くの労働者は失業の憂き目にならなければと考えます。

世界経済は行き着く所迄行ってしまったのかもしれません。 
今後はお互いが食い潰しあう激しい価格競争が待っているのかも知れません。 
教育制度に目を向け将来の日本のあり方を検証し
直ぐにでもこの問題に取り組んでいかなければやがて臍を噛む事になるでしょう。

昨日、外国人が当社にご来店され30万円ほどの白鞘いり拵え付きの刀をご購入されました。 
大変に興味を持ち、手入れの方法や袋の結び方長期間保存する為の注意点を
ドイツ人独特の感覚で聞いたり教えたりし購入後丁寧にお礼をしお帰りになりました。
海外発送は文部省から輸出証明を取得しなければならず3種間近く経過した後に発送する事になります。
なぜ海外に愛刀家が多いのか考えさせられます。 
かなりの知識を保有する方も多く日本から海外へと流出していくのでしょう。
これも止める事はできません。それほど世界は国境を超えて一つになる時代なのですね。


暑かった夏も急速に去り朝夕の凌ぎやすい季節となりました、
皆様お元気でご活着下さい。 
老人を労りましょう。 奥様を大切に優しくしてあげて下さい。
子供達には厳しく躾け、なぜ、なぜという言葉は貴方を信頼している証拠です。 
丁寧に身を乗り出して答えてあげて下さい。 そして目的の動機付けを行って下さい。


それでは皆様御機嫌よう。

日本の政治をよくする会  ドンキホーテ 代表 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 13:47| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

社長の一言 (平成29年8月15日)

終戦記念日にあたり 平成29年8月15日
何故私達の年代の者は戦争を嫌うのか。

戦後70年以上を経過し戦争の悲惨な状況を体験しない世代となり
首相(62歳)を始め殆どの国会議員は戦後生まれとなりました。
私は昭和15年に生まれ、戦時中から戦後にかけての悲惨な体験を
少しは経験しておりますので、皆様の参考となればと
思い記述させて頂きます。私は東京の高田の馬場で生まれ
何不自由無く生活を送っておりました。 
父は戦前ミルクホール(現在では喫茶店)を営業し、
かなりの蓄財があったと聞いております。 
やがて1945年3月10日の大空襲で
空から投下された焼夷弾によって自宅は火災にあいました。 
4歳6ヶ月の子供でありましたが家が燃える光景を今でも思いだします。 
やがて親戚の知人をたより、家族および親戚は
山口県岩国から離れたお百姓さんの家に
母に連れられて疎開致しました。
父は兵隊にとられていた為、母が私と弟を連れて行く事になったのです。
数家族が一緒に住む事になったのです。 
今でも子供ながら蒸気機関車から吐出す煙や
トンネルに入ると窓を急いで閉める光景。
夜は敵機からの襲撃を避ける為、内は真っ暗となりました。
瀬戸内海の島々の美しい景色や田園風景が思い出されます。
到着した山口県の美しい錦帯橋では、滔々と流れる青い川の流れと
波に打ちあたった波が白く砕ける光景、百姓家の藁葺きの家の
外の柱の下から真っ赤な蟹が出たり入ったりする光景、
近所の小川に遊んだり川の近くの水たまりにいた
腹の真っ赤なイモリを沢山捉えて遊んだりしました。
家主のお百姓さんは草鞋(わらじ)を編んでいたのを覚えております。
あるとき朝、川で遊んでいた時に近隣の山から
急激にもくもくと立ち上る雲を見かけました。 
大人になる迄あの雲は何だったのか考えた結果
昭和20年8月6日、B−29 エノラゲイによって
広島に落とされた原子爆弾(リトルボーイ)の立ち上がる
キノコ雲ではないかと想像されるのです。 
広島から岩国までたったの47キロしか離れておりませんので
間違いなく私が5歳の時に見たのは原子爆弾が投下された
キノコ雲であったと確信するのです。
やがて東京に戻り、父は練馬で家を借りて生活を始めました。 
両親共に苦労の挙句、池袋で進駐軍を相手に露天商を始めました。
当時高価な皮手袋や皮製の財布を扱ったので、かなり商売も順調であったそうです。 
父は的屋(てきや)の子分から口上を言われた通りに真似をし、
親分の前で啖呵をきって仲間として認知されたと笑ってましたっけ。
フーテンの寅さんが映画で話している様に
わたくし、生まれも育ちも関東葛飾柴又です。
渡世上、故あって、親、一家、持ちません。
駆け出しの身持ちまして姓名の儀、いちいち高声に発します。
仁義失礼さんです。姓は車、名は寅次郎。
人呼んでフーテンの寅と発します。西に行きましても東に行きましても、
とかく土地土地のお兄ぃさん、お姐ぇさんにご厄介かけがちなる若造です。
向後万端ひきたって、宜しくお頼み申します。

いずれにせよ厳しかったですね。
食べていく為に、母親に連れられて着物をもって
お百姓さんの所へ行き食べ物と交換をお願いするのですが
殆どことわられ、すごすごと帰ると庭には真っ赤になったトマトが
美味しそうに植わっておりました。それを見ていた時
お百姓さんのかみさんがでてきてもの凄い形相で、
とるんじゃねーと言われたときの屈辱感や
恥ずかしさを今もって覚えております。 
当時の練馬は池袋を電車で出発して、しばらくすると
田園風景が広がり農家の藁葺き屋根、畑、林や森が広がり、
国北独歩の武蔵野を思わせる風景でした。
冬はかなり寒く水道管が良く破裂したり、
地面は長い霜柱が立ち防火用水は氷が張っていたものです。 
真冬の夜の空は満点の星に覆われきらきらと星が一斉に輝いていたものです。  
この光景は現在では絶対に見えない圧倒される満点星といわれる光景です。
夜は漆黒の闇となります。戦後間もなく始まったラジオドラマの
鐘の鳴る丘が放送され私は良く聞いたものです。
とんがり帽子の時計台は安曇野市の有形文化財に指定された歴史を感じる貴重な建物です。
(復元されたと聞いております)私は20年前に訪れましたが立派な建物です。 
放送では20の扉もありました。よく聴いたものです。
練馬の駅を左におり暫く行くと大きな通りに沿って小川が流れ
片岸は樹木に覆われ川は滔々と流れメダカの群れが泳ぎ塩からトンボ
麦藁トンボ、ハグロ、ギンヤンマ、が飛び回りオニヤンマが
川の流れすれすれに悠然と飛んでいる姿を思い出します。
池袋は東京空襲の後で復興の復の字も出ない最悪の経済状況で
野原が連なり富士山だけが大きく雄大な姿を見せておりました。
最悪な経済状況であった為、自殺者が多くありました。
今でも鉄道自殺があった光景が思い出されます。 
茶色のジャンバーを来た男性が電車に轢かれ
頭が曲がっている姿を今でも思い出されます。
以前書きました様に上野の地下は数多くの浮浪児が屯しておりました。
ぼろぼろの服を着て頭はぼさぼさでまっ黒な顔を、誰もがしておりました。
戦争によって親と別れ別れになってしまった子供達の群れがいたのです。 
戦争で海外、国内で数えきれない人々が無くなられたり
傷をおったりして生活をしなければならなかったのです。
夫婦や家族との別離、子供達を食べさせていかなければならない飢餓の世界、
誰もが必死で生活をし、母親と子供が残されたご家庭の厳しさは筆舌に尽くし
難い厳しさであったのです。国内でも東京空襲では死者が
10万人負傷者は10万人で被害にあった方々の治療するべき病院も無かったのです。
阿鼻叫喚、地獄図がそこにはあったのです。
焼けただれた身体をそのまま死を待たなければならない状況を皆様考えられますか。
楽しかった家族の絆がズタズタにされ、
ようやく上野のガード下にたどり着いた子供達の悪戦苦闘する様子を理解出来ますか、
戦争未亡人となった方が子供を抱えて食べていかなければならない状況を想像できますか。
終戦真近に軍の命令で敵艦に体当たりする特攻隊が組織的に
行われ数多くの若い隊員が上官の命令によって帰らぬ人となりました。
彼等が戦後の日本の変わり様にどう感ずるのでしょうか。
戦後日本は敵国であった米国に迎合し全面的に諸手を上げて
歓迎したその変わり身の早さを考えて下さい。 
当初効果のあった特攻作戦はそのご殆ど効果がなくやたらと
パイロットと航空機を無駄に消滅させたのです。
私は現在77歳ですが私達の年代以上の方々はそのような体験をし
戦後必死で生きてきたのです。もう2度と戦争はしてはいけません。
確かに世界の状況が刻々と変化して来ております。 
しかし日本人は戦争の悲惨さを世界に常に伝えて理解を得ていく国民でありたいと思うのです。
政府はそのために努力をしてきたでしょうか。
永世中立国スイスと同等に論ずる事は出来ませんが、
少なくとも戦争を無くす為の必死な努力が感じられないのです。
米国の傘に守られながら親分子分の関係ではなく、独立した政府でなければなりません。
基地の米国人の犯罪は今でも米国の法律で固く守られております。
一方敗戦国のドイツは自国の法律で基地の犯罪人を裁く事が出来るのです。
日本人としての誇りを持ち先の不幸な戦争を今後絶対に無くす様に
世界に訴えていく必要があると考えます。
戦争を行った事で日本の保有していた領土の一部は
米国にロシアに韓国に占拠されております。 
誤った国の判断は未曾有の災禍となって降り注ぎ他国にも恨みを残す結果となったのです。
8月15日は終戦記念日です
私達は静かに亡くなられた方々に御霊に哀悼の意を表し、
二度と戦争を起こさないと誓いたいと思います。


葵美術刀剣日記
当社には刀を収集されるお客様が多く立ち寄られますが、中に自動車の技術関係者もおられます。   
なぜ日本刀を購入されるのかとお聞きしたのですが、
FIレースに出場するサスペンションを設計する細かな技術というのは
感性が磨かれていないとほんの微妙な動き迄捉えないと完全ではないそうなのです。 
設計通りではお客様は満足されないという言葉をお聞き致し感心致しました。
ですから刀や短刀を見る感覚が私達とは異なり
人工と自然とのコラボレーションの結果出来上がった作品を
覗き見て何らかの研ぎすます感覚をそこに求めておられるのだと思いました。
日本刀を、その様な目で鑑賞される方の多くに技術者、お医者さん
音楽家、弁護士、画家の先生達が意外と多いのです。
最上に研磨された作品の地金や映り、錵、地景、刃紋の働きをじっくりと鑑賞し
さらにご自分のお仕事の感性を高めていくのかもしれません。
それが現在懸命に努力された技術力の更なる味付けとなり
顧客の希望、要望を唸らせるのかも知れませんね。
刀剣愛好家の皆様にも是非この類い稀な日本刀の魅力をより深く触れて下さい。
日本刀を一つの役割の一部としてお子様教育を行って下さい。


奥様と仲良く。お子様には厳しく、何故何故という質問には丁寧に説明し動機付けを行って下さい。  
何故勉強するの、何故頑張らなければいけないの 等々。お年寄りを労りましょう。 
私もお年寄りですが虐めないでね、 暑かったり寒かったり不可思議な天気が続きます。 

どうか体調にはご留意され明るく楽しい日々お過ごしください。
それでは皆様御機嫌よう
日本の政治を良くする会  ドンキホーテ  会長 鶴田一成

posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 10:28| Comment(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

社長の小言

皆様お元気ですか。
暑いですね。昼間はざる蕎麦にかぎりますね。
さて今、都議会議員の選挙が行われております。
どうか素晴らしい人物を選んで下さい。 
学歴や経歴の良さで選んでは、いけません。
人物で選んで下さい。
きちんとした仕事を行う実行力のある人物、
真面目な正直な人物が選ばれれば議会はかなり変わるでしょうし、
それが、都政、国政に影響をおよぼすのです。 
どの党にも素晴らしい方がおられますが
集団となると全く様相が異なってきます。
民進党には蓮舫さんや多くの有能な方がおるにも拘らず
集団となるとまるで訳が分からなくなってきます。
なぜ蓮舫さんを中心に結束し、行くべき方向、党のしっかりとした提案、
提言、方針が出てこないのか極めて残念です。
若手の議員が長妻昭氏や蓮舫さんにもっと協力していかなければ
将来党の議員の大幅な削減となるかも知れません。
今回の都議会議員選挙によって大きな変革が出れば
国政も大きく異なってくるに違いがありません。
必ず選挙に行き投票を行ってください。東京都を良くするのも、
国を良くするも1票が物をいってきます。必ず選挙権を行使して下さい。
都の予算は年間13兆円あり中堅国家の予算に匹敵します。
ススエーデン、メキシコ、カナダと同様の国家予算ということで、
予算の使われ方に私達は関心をもっと、もたなければなりません。
小池百合子さん率いる都民ファーストの党が大きく議席をのばし、
その結果、確実に都政が国民の為に動き出されたならば国政も、
変わってきますし、他党は大きく反省し
国民にもっと目を向けた政治を行っていくに違いありません。
この度は千載一遇のチャンスです。 
都政を、国政を国民のものにしなければなりません。 
無関心は最悪です。どうか選挙に清き1票を良く考え抜いて投票してくださいね。
虐めに関して
新聞報道などでは虐めによって自殺する若者が出るなど
悲惨な事件が絶えません。
先日も女学生が最近では男子学生が虐めによって自殺をしました。
それではどのように虐めを無くすのか私なりの意見を申し述べたいと考えます。
女学生が自殺をし、ご家族やご親族にとって
胸が張裂けんばかりのお気持ちと思います。
どうしてその虐めに気が付かなかったのか残念無念です。
この自殺に関して学校側も教育委員会も虐めはなかったと
あくまで非を認めてきませんでしたが、国民からの強い憤り、
新聞テレビ報道によって火の粉が文科省にも降り注いでくると考えたのか
教育委員会と学校に対して直ぐに謝罪をしろという命令によって
翌日お宅を訪問しぺこぺこ米付きバッタのごとく謝罪する結果となりました。
この様子はある一面虐めとよく似た部分があります。
虐めが発生し、仮に虐めた生徒を厳しく注意をしたとしても
一向に虐めが無くならないのは
虐めた側に悪い事をしたという意識が無いという事なのです。
いじめをしたという事で怒られても亀が首を体の中に引込め
先生方の怒りが遠ざかれ再び首をのばし又同様な事を行うのです。
虐める側は楽しく、優越感に浸れるいっても過言ではありません。
特に勉強についていけない学生が唯一、優越感に浸れる為、
虐めを行う傾向があります。虐めとは虐められた者にとって
一生涯悔しさと恐怖感、屈辱感、羞恥心を持って
生きていかなければなりません、一生涯です。
たとえ中学校時代に受けた虐めは一生、死ぬ迄
その恨みは消える事はありません。
しかしながら虐めた者は直ぐに虐めた行為を忘れ去り
優越感だけが残るのです。学校で、先生方がいかに
その行為が悪い事だと説得しても虐めが無くならないのは、
いじめを悪いと思ってはいないという事です。
これが先に触れました様に遺族のお宅を訪れ、
校長先生や教育委員会の職員が謝罪したとしても
心からの反省などはしていないという事なのです。
これが虐めた者達の気持ちと良く似ております。
どうすれば虐めは無くなるのか?
文科省が中心になって学校や教育委員会を強く指導すれば
なくなるのか?過去何度も行ってきた方法で。
これは全く期待が出来ません。過去同じ様な事件が多発し
現在においても数多くの虐めが殆どの学校で行われているのです。
自殺したケースは氷山の一角なのです。
高学歴社会の中で国家試験を経て、国のお役人様が虐めにあって
苦しんでいる子供達の気持ちを正確に理解出来るはずがありません。
そしてその虐めは、子供達が社会に出ても悪い習慣として継続されていくのです。
将来にわたり、この世の中から虐めは決して無くならないでしょう。
しかしながら少なくする事は可能なのです。
虐めという強い者が弱いものに対して行う行為は卑怯者のする事で
唾棄すべき行為であり、後ろ指をさされる人間として
最低な行為と学生ばかりでなく大人すなわち国民全てを
認識させる事が必要なのです。
人間として評価される行為は弱い者に対して
優しく接する行為だと認識させる必要があるのです
強い者が弱い者に対して虐める行為は最低の行為であり
後ろ指を指される行為と誰もが認識したならば、
もし虐めが行われ大人からそれ強く指摘され
怒られたなら心から謝罪すると考えると思うのです。
そして人間として恥ずべき行為をしたと認識するでしょう。
私が学校に対してお願いしたいのは入学式には父兄がいる前で
校長先生が虐めとは何なのかを話し、
虐められた人物が一生その心の瑕を受け続けていかなければならない
そして敗北感、屈辱感、心からの強い怒り、恐怖感を
一生持ち続けなければならない。その侵した行為は
決して許されるものではないと挨拶をして欲しいのです。
常に教師や父兄はこの虐めに対して、
子供達に話し続けていかなければ決して虐めは無くならないのです。
教育とは一体何なのでしょうか? 
文部省、教育委員会からの指導要綱にもとずいて
学校がオーム返しのごとく動き、知識力の向上や運動に力をいれております。 
教育は果たしてこれだけなのでしょうか。
私は学校教育で最も重要な点は子供達に日本人としての
道徳観を育成していくのが教育であると考えます。
子供達一人一人に向き合い厳しく鍛えていく過程の中で
良い事と悪い事とのけじめを教え込み、
将来の目的に対しての動機付けをしっかりと植え付けて欲しいのです。 
虐めを無くす為には学校ばかりでなく大人がしっかりと
子供達に関心を持ち続け、草の根運動を盛り上げて
教育委員会に更に文科省へと下から上へと運動を盛り上げて
いかなければ過去行われたお役人様のご指示に従っていく
旧来の方法が行われていくしか無いのです。
そして結果は明白で何ら変わらないのです。
自殺された子供達の為に虐めを無くし、
将来への大きな希望に向かって努力をし、
獲得出来たはずの夢の実現を壊されない為にも、
今を生きる私達が政治を動かしていかなければならないのではないでしょうか。
今現在虐めを受けている若者達は勇気を持って両親、知人、
良心的な大人、友達、先輩に相談する勇気を持たなければなりません。
どうか自殺などしないで、立ち止まり、考え、
将来の夢に向かって楽しい将来に向かって歩き出そうではありませんか。
私事で恐縮ですが娘が孫を連れて来ました。未だ2ヶ月くらいですが可愛いものですね。 
「こんにちは、赤ちゃん、わたしが、じいちゃんよ」などと歌いながら話しかけると笑うんですね。
2ヶ月で赤ちゃんは笑うのだと驚きました。
つぶらな瞳を向けてにっこっりと笑うのですから一日の疲れも癒されるというものです。
赤ちゃんは直ぐに大きくなりますので、
すくすくと育って欲しいと願わずにはいられませんでした。
将来虐めに負けないで乗り越え夢に向かって、
大きく羽ばたいて欲しいと願わずにはいられません。 
もし孫に虐めがあったなら私は必死に戦うでしょう。
入梅の盛りです。体調に気をつけられ、
水で冷やした西瓜を食べながら(冷蔵庫で冷やしてはいけません。)
ノンビリとテレビでも見ながらゆっくりとお過ごしください。
ビールに煎餅もいいですね。雨に打たれるバラや紫陽花をみながら……….
奥様をたいせつに、ご老人をいたわり子供達の躾を厳しく、
子供からの信頼の証であるどうして、
どうしてという言葉を身を乗り出して
聞き取り将来の目標の動機付けを行って下さい。
それでは皆様御機嫌よう
日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

2017年5月16日 社長の小言

 早いもので5月も半ばとなりました。黄緑色の若葉でおおわれていた桜の葉も
すっかりと濃い緑の葉に覆われてしまいました。雨期が近ずいてまいりました。 
今年の夏は暑そうですね。皆様方におかれましてはお元気でご活躍の事と存じます。
電車通勤をされておられる方々のストレスも増え
何かとトラブルが発生しがちですが出来るだけ避けて下さい。

 世界の政治経済も米国のトランプ大統領の気侭な行動よって大きく変化をし
米国の経済は最高になりました。米国の株価は年初来の高値ですし、
政治も大きく変化をきたし、朝鮮、韓国、日本、米国、ロシア、中国との間で
大きな緊張をきたしております。しかしながらここへ来て
今後はどのように展開していくのかに注目する必要があります。
トランプによって大きく動いた経済ですが、
取り立て目立った制作は行っては来ませんでしたし、
出来もしなかったという事です。
今後かなりちぐはぐな行動が出てくるでしょう。
意外と彼の大統領生活は短命なのかも知れません。

 さて日本は現在経済は米国同様に活況を呈しており
景気は大変良いと考えますがあまりその実態を感じられないのは
国内企業は海外で稼ぐ事が多くなっており、
海外で利益を蓄積し国内に流動してこないのも一因です。
土地の価格は暴騰し人手不足も天井知らずの勢いでです。
しかしながら日本では一般には景気がさほど上がったとは実感がありません。
私は毎日スーパーに買い物に行くのですが、かなり生鮮食料品の価格が上がっているのに気付かされます。
又男性やご老人、外国人が買い物にきている事に驚かされます。
店頭高価格の商品が高いということが景気が良いという実感に繋がらないのかも知れません。
輸入関税が下がれば海外からもっと安価な商品が入ってくるでしょうに。
金持ち階級の人々や企業はかつてのオリンピック景気がオリンピック後の景気の急激な減速を思い出し
無駄な投資や出費を控えているのでしょう。
更に生活の形態が変わり企業の接待が減り、皆一様に利口になっているのかも知れません。 
利潤は一部の者達に蓄積され更なる利潤を生んでいくのかも知れません。
本来、日本の株価はかなり上昇してよい筈ですが
さっぱり上がらないのには何らかの理由がある筈です。

森友学園の不正な土地売買の関して検察庁が動き始めました
はたしてこの不正取引に関して多くの問題が明らかになるのか注目が集まっております。
籠池理事長を中心としてどのような事が政界。財界、お役人様との間で秘密裏に何が行われたのか。
お役人様に対して収賄があったのか政治家へのやみ献金があったのか、色々な問題が浮上してまいります。
最近の自民党はなにか箍が外れ問題とされる事件があまりにも多い。
国会での失言問題も拍車をかけております。
都議選が近い将来行われますが、自民党、民進党はかなりの議席を失う事になるでしょう。
都民ファーストの会がどの程度に伸びるのかによって
国政への影響が今後大きく影響してくるでしょう。

最近の日本刀市況
高額な品物が売れている様ですね。 
お金持ちの人々が将来の値上がりや資産隠し、
遺産相続等を考えて購入している様です。
平成27年1月1日より相続税が増税され基礎控除をのぞいて
1億円以下では30%700万円(税金控除額)順次あがり
55%の相続税率となります。こんな事が影響しているのかも知れません。

 当社には色々と日本刀の処分を依頼されるケースがありますが
ご処分される殆どの方が過去日本刀が高価であった時代に
ご購入されておられますので大変お気の毒に思う事が多く極力将来のわたり、
ご自分で保有する事をお勧めする場合が多いといえます。
錆があった場合などは研磨、白鞘作成等でかなりの出費が懸かり
無銘脇差しの価格は業者間での価格はとても話す事も出来ません。
日本刀の素材は鉄ですから錆びさせな合い様にお手入れを怠らず、
将来へと引き続けていって下さい。そろそろ入梅です。

手入れ方法
まず奇麗なティシュペーパーで古い油を拭い去り
更に100%のアルコールかベンジンをティシュペーパーで完全に拭き上げ
鑑賞した後にコットンに含ませた機械油を丁寧に塗り、
更に簡単にティシュペーパーで拭いて下さい
油は軽く付ける様にして下さい。
私見では植物性の油は酸化が早く錆びる原因となりますので
当社ではミシン油など、さらっとした油を使用しております。
又古い油を除去する為にはかって打ち粉を使用して拭い紙で取り去っておりましたが
打ち粉は内曇りの微細な粉ですので刀身に打ち粉を打ち、拭うと拭い紙で擦る事になり
細かな微細な瑕が刀身に出来肉眼では見えませんが擦れ瑕が出来てしまいます。
また微細な内雲裏に粉の一部が板目や杢目。又は柾目に入り込んで固まり
目で見ますと地金がぼけた感じがしてまいります。 
大げさかも知れませんが私はこの様に感じている次第です。
もっともこのぼけた感じは拭い直しで完全ではありませんがほぼ元の状態に戻ると考えます。  
私の意見に異論、反論はあると思いますが皆様ご自身で確かめてみて下さい。
入梅から暑い夏に向かいお年寄りは体調には充分に気を付けられ
明るく楽しい毎日をお送り下さい。
皆様ご老人を大切に。お子様には厳しく躾をほどこし、なぜ、なぜ
という言葉に丁寧に接して上げて下さい。
奥様を大切に、ご自分は生き甲斐を求めて毎日をお過ごしください。
私は77歳となり今でも頑張っておりますぞ
若者よ、へこたれるな。恋人をさがしなさい。
恋をしなさい。人生を有意義にすごしなさい。

日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田 一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

9月10日 社長の一言

残暑厳しい毎日ですが、ぼちぼち朝夕の涼しい風が秋の気配を感じさせるようになってきました。
刀の鑑賞にも力が入るというものです。誰にも好き嫌いがあります。鎌倉以前の古刀がお好きな方もいらっしゃれば、あるいは南北朝期、室町時代初期・末期の頃のもの、はたまた慶長新刀、寛文新刀、もしくは江戸時代末期からの新々刀、は戦時中の作品、現代刀と好みが分かれる場合があるわけです。更には刀に脇差、短刀だけでなく、薙刀や槍、剣等といった趣向もございます。
日本刀は遥かな昔に中国、朝鮮半島を経て武器としての目的から持ち込まれ、その後実に長い時間を経て、やがて鑑賞する刀として歴史の変遷を経て確立していったに違いありません。刀に最高の研磨をほどこす事で地金の美しさを強調し、変化に富んだ刃紋が見る者に感激を与えたことからやがて、刀匠ら自身もまた優れた作品を目指し制作するようになり、作り手の銘を刀剣の茎に銘を刻む習慣がついていったのではないかと思います。
やがて日本刀には序列が出来、貴族や武士は有名な刀鍛冶の作するものを求め、競い合ったのでしょうね。 大名が沢山の有名な作品を求めたのは、手柄を立てた者達に報賞として手渡しその功労に報いたとかんがえられます。'その方この度の戦は見事であった。望みのものは何でも取らせるぞ 土地がいいのか、馬がよいのか、それとも何が望みだ。遠慮なくもうしてみよ。'
さりとてまさか土地が欲しいとはそうそう言えませんから、'出来ましたら殿のお腰の物を頂戴できればこれ以上の幸せはございません。' '良くぞ申した。それでは儂の則重を取らせる、大切に子々孫々迄伝えよ' とこんな具合で話がまとまったのでしょうか。土地が欲しいなんて言われなくて、大名も実際のところはほっとしていたのかも知れませんね。
日本刀というのは平安時代からかなり数多くの作品が残されていると感心せざるを得ません。
過去振り返ってみますと現在日本に残されている刀剣では室町時代末期の作品が非常に多いと皆様も思われると思います。戦国時代には実戦が日本全国規模で行われた為、武具の需要が極めて多量に制作され、さらには日本ばかりでなく中国や朝鮮半島迄輸出されました。日本刀は武士の象徴として評価され、武士は私達が想像する以上に刀を大切に扱っていたのでしょう。
元々日本の夏は湿気の強い風土ですし、雨や雪が降り注ぎますので日本刀を保存する為にはかなり神経を使わなければなりません。
錆びさせない様に注意を払い大切に保管していたのでしょう。更に、いくつもの戦火をかいくぐって現在に至ったのです。
1000年以上経過した古備前、古波平、古伯耆、山城の刀剣が状態も良く現存するのはどの時代の貴族や武士が日本刀を宝物を扱う気持ちを持ち続けたと思うのです。当時の状態の良い刀の茎には鮮明な銘と鑢目さえ残っているのです。 日本刀は折り返し鍛錬され何百層と折り曲げられて制作されますから、皮を何層にも何層にも重ねて焼いたミルフィーユの様な物です。
仮に表面が多少錆びてしまったとしても、中は何百層となっておりますので錆びた層が次の層との間に真空状態を作り、中の地金を錆から保護してくれているのです。
ですから実際に茎の錆びた部分をほんの少し削ってみますと、当時の金属の部分が鉛色に顔を出して参ります。日本刀が錆びにくいという所以です。
二次大戦頃以降に鍛えられたものは製造に機械が用いられるようになったがゆえにかなり良く精錬されており、鉄の層が緻密になっているがため層と層の間に空間が少なくなり、ほとんど一枚の鉄板といって良い程詰まってしまったがため、一旦錆びてきますと錆が深くまで達してしまうおそれのあるものもあります。
しかし近年になって多くの刀匠が古作の刀を研究されるようになり、驚く程見事な作品を制作されておられます。濤乱刃、清麿写しの相伝、柾目出来備前伝、一文字映し等見事な作品を制作しておられます。
しかしながら一方で、刃紋が正確な几帳面な刃紋が多く何となく自然体の作風がなかなか見当たりません。古刀はきっと枯れている、すなわち金属疲労によって地金が緩くなり柔らかさが醸し出されてくるのかも知れません。将来応永初期の康光、盛光の備前地鉄のように映りがあらわれる作品がいつかりっと、出来てくるのを楽しみに致しております。 
さて、ロシアとの国交回復は以前申し上げました様にどんなに交渉しても占領された国土は日本には戻っては来ません。ほんのひとかけらの島でさえも。
そこかしこに港湾や空港が整備され、軍隊が常駐しているばかりでなく、国後島などは衛星写真でよく見てみますと、人が住むためのまで集落まで整備されはじめています。
日本がロシア北方に経済協力で進出し大きな経済発展に至った時には、北方領土へはロシア国内からまたさらに多くのロシア人が働き口を求めてやってくるに違いがありません。日本は過去中国に経済進出し、多くの企業が中国国内に設立されました。そして近年になり撤退する企業が増えてきた一方で、工場やそれを操業するためのノウハウだけが中国の手に渡ってしまいました。ロシアに進出した企業もいずれ、ロシアのいいなりにならざるを得なくなることでしょう。
そのような状況をきちんと理解して日本の経済進出を行うのであれば、それはそれで評価が出来るでしょう。しかしながら、その選択をするのであれば北方領土の返還は断念しなければ成りません。北方領土返還を常に謳いつつ、国益を考慮し、ロシアと狡猾に交渉しなければ成りません。
間違っても経済援助などは行ってはなりません。単に利用されるだけです。百年後の未来、日本はロシアに対して北方領土返還を求め続けていられるか? その時にはロシア北方地域はどうなっているのでしょう? 政治家であるならば目先のことにばかりとらわれず、国家百年の計の視点をもってあたらなければなりません。 
オリンピックが終了しました。 数百億円をかけた華やかな祭典が終了致しました。さながら花火を打ち上げた後の、余韻と侘しさがないまぜになった複雑な心境です。
4年後の2020年には東京でオリンピックが開催され今度は数千億円数兆円という途方もない金額が投資されます。更にこの金額は膨らんでゆくことでしょう。
現在、ビルの建設ラッシュで労働者の賃金上昇と資材の価格暴騰、土地の価格上昇によって好景気と同時に大幅なインフレが発生しています。
参加される選手にとっては生命を懸けるくらいの重大事でありましょう。またスポーツ振興に大いに役に立つに違いありません。しかしながら、オリンピックに膨大な予算を費やす以前に、国としてはほかに優先してやるべきことがありましょう。
過日、熊本で被災された方がご来店されました。地震が発生した時立っていられないので這って外へ出たと話され、そのごの余震ではノイローゼになる位酷いものだったそうです。
もしいま東京に大地震が発生したならば未曾有の被害となりましょう。今からでも法律を再整備し、あるべき都市計画を行い実行しなければならないのです。地震対策、都市計画で美しい都市作りを早急に行わなければならないのです。オリンピックで浮かれている訳には参りません。
私は当社の刀の紹介文を書く為に時代背景の歴史をよく調べますが、平安時代から現在に至るまでに国内は大きな災害がいくつもありました。地震に津波、台風、火山の噴火や戦争等が次から次へと発生しているのです。日本は脆弱な豆腐の様な島の上にある様なものなのです。
私達は現在を見ながら過去を検証し、将来を予測しなければなりません。どうか真剣に考えようではありませんか。 
夏の暑さもそろそろ過ぎ去り気持ちのよい秋の季節へと展開してまいりました。 栗ご飯を食べたり柿を食べたりしながら秋刀魚を七輪の炭で焼き醤油を垂らし大根おろしでムシャ、ムシャと食べる楽しい時期が来ました。 ビールや熱燗も結構ですね。
おっと 私は止めておきましょう。 糖尿病が良くはなりましたがキャベツを食べてからの主菜といたしましょう。キャベツは私に取っては確かに糖尿病にとっては素晴らしい効果がありました。
皆様もこの素晴らしい秋を満喫してどうかお元気で楽しい毎日をお過ごしください。
おじい様、あばあ様を労り、奥様を大切に、たまには温泉にお連れください。お子様には厳しくそして愛情をこめて良く話し合ってください。
それでは皆様ごきげんよう。

政治を良くする会ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

2016年7月23日 社長の一言

梅雨を抜けいよいよ本格的な夏になりました。

やがて蝉の鳴き声がさわがしくなってくるでしょう。
都知事選挙が行われております。
数多くの方々が立候補いたしております。
自民党推薦は間違いないと考えていた小池氏が推薦を得られず孤軍奮闘で
頑張っており恐らくかなりの同情票が集まるに違いありません。
増田氏は自民党の推薦を受け更に過去の行政手腕が期待出来ると考え強力な候補ではありますが、
自民党が押せば押すほど今回の選挙では逆効果となるでしょう。 
鳥越さんはテレビキャスターを行っており幅広い層に人気がありますが
体調への懸念と憲法9条のあくまでの擁護が左派としてのイメージが強く
世界を取り巻く環境の変化に対応出来ないと判断する有権者が多く難しいかも知れません。
今回の投票率はかなりあがるのではないでしょうか。
ここに民進党の蓮舫さんが参加していたならば選挙はもっと面白くなっていたでしょうに
東京都は他国の首都と異なり大きく雑然とした都市となりました。
今、必要なのは東京都と隣接する千葉。神奈川、埼玉県を含んで都市の整理整頓
すなわち都市計画をしっかり行い居住する人々が安心して楽しく住める町に変えていくことだと考えます。
その為には東京都知事に強い権限を持たせ今後必ずやってくる大震災に備えて防災の準備をしておく事なのです。
古い不安定な建築物は強制力をもって壊し空間を作り企業の分散を計り
働く人々の環境を大きく変える必要があると思います。
都心郊外で居住する人々が小さなアパートに家族で居住し子供を保育施設に預け
夫婦共に満員電車で1時間以上揺られて都心に通う状況はなくさなければなりません。
子供が泣き止まない事を心配し、いらいらする様な生活環境を変えなければなりません。
夫婦が安心して子供を預け、そこでしっかりとした子供教育が行われ自宅でに帰れば
子供達と話し合いながら食事が出来て一家団欒の場が出来るのが当たり前なのです。
今東京に大地震が発生したならば多くの古びた家屋は焼き尽くされ数多くの死者が出るのです。
待機児童の問題は深刻です。最近当社で勤務される女性が出産を真近に6ヶ月間休職しなければならなくなりました。
ご自分の住んでいる場所では子供を預ける事が出来ずやむをえず自宅で暫く生活しなければならないのです。
優秀な方ですから又戻ってもらいたいと願っております。
新聞などでボーナスが大企業で数か月、中小企業で何ヶ月でたという報道されますが
一般零細企業ではボーナスなど全くでない人々が圧倒的の多いのです。
もっと底辺に合わせて都民の生活をどうするのか考えて貰いたい。 
べトナムで支社長をされておられる私の友人がしみじみおっしゃられた言葉がありました。
彼らに日本の残業という観念がないそうです。
日本人が残業する中でさっさと退社していくベトナム人を見ながら不満に思うと
当初は考えていたそうですが今ではやむを得ないという気持ちになったそうです。
夕食は自宅で家族と共に食べる事が当然でこれを破る事は全く考えられないそうです。
日本人の生活のあり方に最近疑問に思う様になったと話し家族の幸福とは何なのか
ベトナムで生活する様になって自分もこの様な生活をしようと決心したそうです。
自宅から会社迄1時間半から2時間をかけて満員電車に揺られて無駄に
時間を過ごす事より会社から15分くらいの通勤で通える様な都市計画でどうしたら
行えるのかが重要なのではありませんか。
広い空間のあるアパートに余裕を持って生活し大きなテレビや本棚や
台所を保有する楽しみをなぜ私達は求めないのでしょうか。
不可能なのでしょうか、不可能を可能にする為に都知事が強い権限で
都市の構造や企業、建築物、道路等を変えていかなければならないのです。
狭いアパートに家族が住んでいるなど全く哀れとしか言いようがありません。
都民は、結束してより優れた都知事を選び常に行政を注視し口を挟まなければいけないのです。
オリンピックなどは他にまかせ都知事はもっと重要な仕事を真剣に取り組んで欲しいのです。
さもないと又都庁のお代官様に、いいように取り敷かれてしまいますよ。
知事!飛行機はファーストクラスを取ってあります。
ホテルは最高級にしてありますよ。食事の時はシャンペンはドンペリにしましたよ、
仕事は私達に任せてください。などとね。
なにしろお代官様は責任は取りませんし無責任ですから。。。
これは都民が抱いている東京都のお役人様のイメージです。どうかこのイメージを変えてください。

必ず選挙にいらして投票してください。3人からではなく本当に信頼でいる人を選びましょう。

天皇陛下が生前退位のご意向との報道に関して
戦後昭和天皇陛下が亡くなられた後を現在の天皇陛下が引き継がれました。
常に国民に寄り添い美智子様のお優しい皇后陛下とともの日本ばかりでなく
海外にも足を運ばれこれほど日本の外交の貢献した方々はおりません。
体調もお悪くこれ以上お仕事を継続される事は困難であると国民も理解していると考えます。
恐らく陛下は仕事が嫌で生前退位を主張されているのではありません。
完璧なお仕事が難しくなったとお考えだと思うのです。
数多くの要人とお会いし多種なお仕事を完全にこなしていく事は年齢を経て
手術をされた陛下にはこれ以上のお仕事はあまりにも厳しすぎると考えます。
毎日真面目に過ごされる事はどんなにお辛いのか理解をしてあげる必要があると思うのです。
ゆっくりと休まれ現在の皇太子殿下に業務の移行される必要があると私達国民の大半は願っていると思います。
定年のない天皇陛下のお仕事はあまりにも過酷と申せます。
今夜はレストランで食事をして歌舞伎でもみようか などとは言えないのですよ。
私は日本人で良かったなと心から思える理由は皇族とくに天皇陛下、皇后美智子様がおられる事、
日本には数多くの子供達の為の唱歌や童謡、物語があり著名な明治、大正、
昭和と大人達が子供達の為にそれらの作曲、作詞、書籍作成に関与してきました事、
島国独特の美しい山河や海がある事でしょうか。天皇陛下、
美智子妃殿下が共に健やかにのんびりと過ごされます事を心より祈念しております。

先日福島県のお客様がおいでになりました。沖合でとれる戻り鰹は
最高に旨いから是非きて欲しいとお誘いがありました。
その食べ方は海でとった鰹を氷詰めにして5日程置き肉が柔らかくなってから食べるのだそうです。
しかし5日も置いていたら臭くなりませんか、スーパーで販売している鰹は
匂いがあり食べられませんとはなした所、鰹の種類が異なる事と
氷で寝かせるやり方が間違っているのだと話されました又海で
とったばかりの鰹は固くて旨くないとの事、なるほど牛肉と同様に冷凍したり
冷蔵したりして肉を熟成させなければ美味しくは食べられないと理解しました。
9月頃にお邪魔しようと食いしん坊の私は考えた訳です。
糖尿病で毎朝キャベツを食べているにもかかわらず…….

皆様この厳しい夏を体調にご留意されのんびりと西瓜でも食べながら楽しくお過ごしください。
そうそう丈夫な方々は冷えたビールと枝豆も良いでしょう。

奥様を大切に、おじいさん、おばあさんを大切に、お子様方を厳しく優しく育ててください。
隣人と挨拶をしましょう。 向こう三軒両隣と昔は言ったものです。
それでは皆様ご機嫌様

日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田 一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

社長の一言

桜の花も早急に散り躑躅の花が満開となりました。
そろそろ紫陽花の花も咲くでしょう。

4月28日は東京は暑いくらいの日で私は商売で
千葉県の九十九里にいって参りました。 
久方ぶりに太平洋の広がりを見せる雄大な光景に
感激し砂浜に座り込み波の音を聞きながらのんびりと過しました。

先日、タクシーで長距離で利用しましたが
運転手君と馬鹿話を致しました。
今は便利な時代だね。カーナビは目的地の家の玄関迄
間違いなく誘導してくれるし、駐車場に駐車させるにも
何の苦労も無く自動で運転が出来、最近では自動運転で
高速道路を自動運転が出来るそうです。 

囲碁や将棋とコンピューターと戦うとコロリ。
コロリと人間様が負けるような案配となりました。
運転手君があと30年後にはどうなりますかね、と聞かれました。

そうさね、その時代はロボットの時代だろうね。 
マリリン・モンローや若い時代の山本富士子さん
原節子さんのような美しい女性ロボットが、
家に帰った時、か細い鶯のような声で三つ指をついて、
一成さんお帰りなさいませ、と言ってから
にっこりと笑顔を浮かべ”さびしかったんよ”といいながら
冷えておビールにされますか、お食事にされますか
それともお風呂、お休みになられますかという訳ですよ。
30年前ですと会社から帰るときには
会社の連中と飲みにいっていたのが嘘のように
いそいそと帰宅する光景が一般的になるかもしれませんよ。
女性ロボットは口答えはせず、ご主人様に従順で
浮気もせず只管ご主人様の為に尽くす事になるんじゃないかな。
最も女性も男性のロボットを愛する様になるかもしれないね。
倉健さん、時には渥美清さんや有名人の顔をした
ロボットがお帰り!といって冷たいビールにするかい。
食事にするかい、などといえば女性は人間ではなく
男性ロボットを選ぶかも知れません。
ロボットと結婚させろという要求が高まり
国会では審議をしているかもしれないね。
これえに反してロボットのこれ以上の制作は
少子化がますます酷くなると問題になるという意見がでるでしょうね。
いいですね!私はそのような時代になったら
文句の言わない従順なかわいらしい
女性ロボットと一緒になりたいですね。
と二人は社内で笑い合いました。

目の不自由な人には以前は盲導犬が世話をしていたのですが
今では美しい女性ロボットが背中や手を抱えてくれ、
”今信号がかわりましたよ、注意してわたりましょうね。”と言ったり。
老人ホームでは老人に対してはロボット犬やロボット猫が日本語で
おじいさん、おばあさんに話しかけ、お世話や癒しを、
老人に与えて大変好評だとか……..日本語でしゃべる猫や犬
がおじいちゃん、おはよう、などと猫が話したら驚くやろね。
しかしながらほとんどの仕事がロボットが行う為
人間は仕事を奪われる為失業者が多くなって
社会では大問題となり、ロボット制作数を
控えるべきだという意見がかなり出てくるでしょうね。
国会では与党と野党でロボットの削減に関して
けんけんがくがくの討議がなされております。
30年後の話ですからその時に私がいたならば化け物だね。

東京都知事舛添都知事が海外旅行に5000万円を費やし
何の為に海外視察をしたのか都民には分かりません。
また、治療としょうして公用車で神奈川県湯河原町にある
別荘に通っていたことが発覚し問題となっております。
自宅のお風呂を改修すれば済む話だと思うが、
食い下がる記者に、舛添はなんなんだかんだと
言っては自分の行動を正当化した。
庶民感覚がずれきっていると私は考えます。

東京都は莫大な都税収入があります。
私達が注視し、なければ無駄な税金の
垂れ流しがあるのかも知れません。
今必要なのは無駄を徹底的に省き、使用しなければならない
部分の大きく投入していかなければなりません。
特に待機児童、保育園の設置、教育関係の充実、
これから発生するであろう大地震の対応を
今からすぐに着手しなければなりません。
税金の使われ方が大変きになります。
もう少しましな都知事と思っていましたが
役人にいいようにされている情景が伺えます。

待機児童や保育園のあり方など全く手を打つ気配が感じられません。
今は金持ちと貧乏人との格差がどんどんと開いていっております。 
有名大学に入る為には巨額なお金がかかります。
金持ちだけが難問をこなす塾通いが出来て、
格安な授業料で学び社会にでても有利な国家公務員や
有名会社に勤務する事が出来る構造が出来上がっているのです。
少子化何故とまらないのかなぜ格差が続くのか
都知事は果敢に取り組む姿勢が全く都民は感じられないのです。
だから公用車で湯河原への治療や海外旅行に5000万円を
費やされると我慢がならないのです。
かって猪瀬さんも同様でした。 
役人と一線をつけて都民の為に
何をするべきなのか今一度顔を洗って出直して欲しいものです。  

皆様、選挙によって国をよくするのです! 
賄賂を貰ったり、いい加減な政治家は皆様の力で完全に減らし、
より住みやすい国にしていきましょう。

それでは皆様ごきげんよう。

政治を良くする会  ドンキホーテ  会長 鶴田 一成
Pasted Graphic.jpg
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

2016年3月3日 社長の一言

皆様お元気でおすごしですか。

すっかりと春めいて参りました。桜の季節もそろそろですね。
今年は暖冬であったため夏はかなり厳しい暑さになる気がいたします。

多忙な毎日の為時々朝の犬との散歩が嫌になる事があります。しかしながら猫は自宅で飼ってもトイレは決まったと所で行います
が犬は決まったところでは行いません。天気ても雨が降っても散歩に出ない訳にはなりません。20分くらい犬と散歩をして自宅のマンションに到着し8階迄歩く事にしております。まあ考え方次第、8階迄歩く事はかなりキツいのですが考えれば犬によって健康が多少なりとも保たれているともいえます。最近年をとり犬に感謝するという訳です。

刀剣市場での挨拶は儲かりまっか、とか最近良質な刀がでまへんなーとか地方色の方々が話し合っているのが聞こえて参ります。確かに良品といわれる品物が市場から消えつつあります。考えますとインターネットの発達でわざわざ東京に出なくても刀を処分出来る様になったと考えられます。居住する場所では高額な品物を処分出来ず遠方からわざわざ飛行機や新幹線、車を使って東京に集まり業者は日本刀を市場で処分しておりました。最近では自宅におりながら販売出来る訳ですから疲れもしませんし髭も剃らず黄色い歯をむき出しながらでもネットをぴこぴこしながら販売が可能となった訳です。これからもこの傾向は強くなり業者間での市場取引は急速に無くなっていくと考えられます。取引する際の手数料もいりませんし交通費もなく滞在費用も全くなくなり変化する時代を良く観察すると面白いものです。
しかしながらネット販売は便利さはありますが詐欺まがいの商法が極めて巧妙となり多くの被害者が出ているのも事実なのです。

先日ある業者から、有名な重要刀剣が安いので是非購入したいと返事をしたところ翌日品物が送られてきました。早速梱包をあけると見事な健全な刀が見えてきました。早速重要刀剣の証書を見ると証書は本物で私は薄笑いをしてしまいました。ところが頭から冷水を浴びる事とあいなりました。それは重要刀剣を見た瞬間この刀は来国光ではない、と直感し刀と重要刀剣の図譜を比べてみました。図譜に印刷された刃紋とは異なっておりますし茎の状態を良く、見ますと本物の刀を巧く長さから反り地金、等を良く真似させ最上の研磨を施し茎もそっくりと同じ様に作ったおりました。瑕の部分から錆の状態、目釘穴の位置、形までそっくりと似せておりました。正真作の刀をほぼ分からなくさせる技術に感服しました。丁重にお断りしましたがその刀が数ヶ月後にネットオークションにでておりました。かなり高額な金額に上昇しておりましたので被害がなければよいがと願っておりました。

現在では瓜二つに同じ刀を制作してしまうのです。
また最近では新刀のできの良い作品を委託販売で承りました。品物もかなり出来が良く直ぐに売却されました。恥をしのんで皆様方のこの事実を紹介させて頂きます。委託品を預かったとき保存刀剣を確認し刀の出来を見てこの刀にしては出来が良いなくらいの感じを持ち委託販売に応じました。その刀は売却出来、やがて数年間が経過しました。購入されましたお客様が特別保存刀剣に出された時に刀剣博物館で偽物すなわち正真の刀にそれに似た銘の品物にほぼ分からない位の制度で正真の銘と同じ銘を入れて、登録証を紛失したと再度登録の再発行を行い。登録証2通を騙して教育委員会から受領し2振とも販売している事が判明いたしました。当然葵美術はその品物を引き取らなければならないのは当然です。

ここで皆樣方に警告をさせて頂きます。
皆様方が保有している刀と登録証を再度しっかり確認を行い又刀の銘と鑑定書と銘の部分が一致しているのか確認して見てください。
特に登録証が再発行されている場合は注意してください。
私でさえ委託販売という事と委託者の真面目な方という事で十分な確認もせず委託販売を承けてしまった事を恥じております。
注意事項
1:重要刀剣の鑑定書の表の中程には透かしが入っておりますので電気に翳してみてください。もし透かしがなければすべて偽物です。
2:最近聞かれますのが現代刀の偽物が多いという事です。
無鑑査、人間国宝の品物は必ず制作された場所での登録証が付いております。
刀匠が在住しない場所で登録証がついている場合は購入を避けたほうが良いでしょう。
3:高額な品物を購入される場合は慎重に売り主に問いただす事をお薦め致します。
5:海外で日本の現代刀を購入される場合は発行された登録証のコピー等がなければ輸入出来ませんので注意が肝要です。

国会では慌ただしいですね。
泣き叫ぶ代議士、嘘を平然という人、自分の地位を利用し問題がでると秘書に肩代わりさせ自分は全く知らぬ存ぜぬといい張り責任を逃れる人物、米国の大統領は黒人奴隷が先祖だとか。この人は弁護士でありバラエチー番組にでていた方です。国会をバラエチー国会にでもしようと考えているのでしょうか。私達も考えましょうよ。この変で……
国会バラエチーショウを楽しむ気力はありません。自民党が破綻して国民は民主党に賭けました。しかし残念ながら見事に約束は敗れてしまいました。今度どこの政党をえらぶのか、無いんです全く 自民党も民主党も駄目 一層の事最もきらいな共産党に投票をして国会で自民党に強く影響を与える様にでもしようかと考える昨今です。他の政党では全く刃が立たない情況ですから、
案外と共産党はしばらくの期間大きく躍進するかもしれません。

消費税導入はしばらく延期されるでしょう。導入した場合自民党はかなり苦戦することになりますから消費税導入は選挙が終了してからとなるでしょうね。

現在日本はかなり景気が良くオリンピック迄は上昇し続けていくと考えます。
株は下がったら購入し上がったら処分して下さい。株の売買は大いなる国が容認した公営ギャンブルですので葵美術のお客様には
損をして欲しくないのが当然です。これから桜の季節です。温泉にでも奥様を連れ出して桜を見ながら露天風呂に入り暖まった所でお酒を飲みゆっくりと楽しくお過し下さい。

奥様を大切に子供さんには厳しくしつけ、しっかりとした明るい優しい子供に育ててください。ボーイスカウトは良いですよ。お兄さんのシニアスカウトがジュニアスカウトの子供達を面倒を見てあげ、自然の世界に触れさせる私はボーイスカウト銀座13隊にはいっておりました。
自然がほとんど無い情況であった為当時の自然に触れさせて頂いた事が懐かしく思い出されるのです。75才の私がです…..

日本の政治を良くする会ドンキホーテ 会長 鶴田 一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月22日

早いもので後10日程で今年も終わります。

早いもので後10日程で今年も終わります。
今年は激動の年といえます。

IS問題は全く解決せずに来年へと持ち越となります。
米国がシリアの反政府に武器や金を援助し、
ロシアはシリア政府に武器や金を援 助しイラクやサージアラビア、
イランは各々の思惑で攻撃をしたり援助をおこな ったりと
複雑な利害得失を考えて行動しております。 
ネットでは瞬時に彼等 の行動の一部始終が
茶の間に放映されまるでゲーム感覚で見る事が出来ます。
ISの残酷な行動は瞬時に私達に身の毛を逆立てる様の画像で放映されております。
各国の利害関係が入り乱れ混乱したシリアの国民は自国を捨てて
他国へと旅立たなければ 生きていけない状況なのです。   
寒い日に子供を抱えて歩いてドイツ目指して
向かわなければなならない状況を見て
私達の天国とも思える生活を行う状況を考える時複雑 な心境となります。
終戦後かって私達が体験したひもじさや戦争 の悲惨さを思い出さずには入られません。 
早く中近東に平和が訪れて欲しいと切に祈 らざるをえません。
終戦後70年以上を経過して戦争体験者は極めて少数派となりました。
我が 国の首相である安部首相以下殆どの政治家は
終戦後に生まれで戦争の悲惨さを知りません。

先日90歳に近い当社の御客様がわざわざ鎌倉から店を訪れて 頂きました。
戦時中は海軍は予科練と称し陸軍では航空訓練生として呼称され、
その航空訓練生として入隊され訓練を受けている段階で終戦となった方です。
どうしても聞きたかったのは何故若い軍人が特攻 隊として死んで行ったのか、
その時彼等のお気持ちはどのような物であったのか、
かなりしつこ くお聞きいたしました。
隊長から特攻として国家の為に死んでゆく者はいる のか?
と皆を集めて聞くとしばらくして中の一人がおずおずと
前に出ると次から次へと出て、最後には全 員が特攻志願者となってしまうのです。
何故なのか、これは同じ目的の為に 毎日厳しい訓練を受けている仲間だからとしか言えない。
と話されておりました。仲間 意識が強烈で彼が死ぬのであれば
自分もという仲間意識がそうさせたのではな いかと寂しそうにはなされておりました。
ISも爆弾を巻き付けて爆弾もろと も死んで行く彼らの気持ちを
忖度する時どのような気持ちで行動に移すのか、 宗教、仲間意識、
強烈な脅迫で逃げだせない雰囲気なのか分かりませんが
子供 時代から宗教によって先脳をさせてしまうのかも知れません。
シリアという 国を取り巻く複雑な権力闘争、大国ロシア、米国による
力関係によって更にシ リアは泥沼へと抜け出せない悲劇の国になるのかも知れません。
フランス、ドイツ、その他の国で難民を受け入れた国は
難民が数十万人に達し てそれぞれの国の中で彼等独自の地位を築き上げ
すなわちシリア人としての誇りを持って国の一部を構成し、
その事が従来の国民と反目しあい、トラブルが発生し
極右政党に勢いずかす結果となっている様です。
彼等の恐れは難民によって 自国を将来牛耳られてしまうという
危険を感じているのかもしれません。
今 後フランス、ドイツ、イギリス等で新たな紛争が発生するのかも知れません。
日本はこれから難民を受け入れなければならない状況になった時、
今から彼等と 上手く交流が出来て宗教、文化、に融合する国家が
出来上がる様にしなければならないでしょう。
最近では日本国内の中でもイラン人同士が薬物を狙って
縄張り争いが行われております。その薬物は日本人を
蝕むかっての中国のアヘンと同様な品物なのです。
日本国内の全てのイラン人や中近東の人々が悪い訳ではありませんが
今後国内に数多くの外国人が訪れ平和な国内に居座る危険が潜んでいるのです。
ネットの発達によって世界は小さくなり情報が格段に広がり
つまらない情報が針小棒大に伝えられそれらの情報に
右往左往する国民がいるといった案配なのです。
東京の公園を歩いておりますと枯れ葉の絨毯が地上に
敷かれかさかさと音を立てながら犬と共に歩きますととても和やかな気持ちになります。
しかしながら12月20日を過ぎても落ち葉が完全の落ちない
今の季節は地球の温暖化としか考えられません。
12月といえば寒い冬なのです。
70年前は霜柱が地面に立ち午後は溶けた霜柱で地面が濡れていたものです。
防火用水の表面には氷が張り一層寒さを感じたものです。
来年は一層温暖化が進み日本は完全に熱帯又は亜熱帯となるの違いありません。 
植物、果物、動物に水害、人間の生活にどのような
影響を今後変化していくのか考えなければなりません。 

日本はオリンピックを目指して道路、建設、ホテル、
観光と大いに好景気を謳歌しておりますが、人手不足も激しく
かなりの会社が困窮して廃業の憂き目に至っております。
それでは簡単に海外から人材を入れていいのか。
オリンピックが終了して景気が急激に減速した時はどうするのか
を考えながら海外の人材を入れていかなければなりません。
日本の人口の減少は老人人口の急激な増加と出生率の減少で
どうしても海外からの良質な人材は必要となっておりますが
自民党の考えている全ての国民が働くという政策や
女性の社会進出を促しておりますが待機児童の問題や
受け皿の貧困さからとても女性が働きやすいという環境にはいたっておりません。
今後どのように問題を解決していくのか見守りたいものです。

原子力発電が再び始まりプルサーマル計画も予定されているようです。
過去1兆円が無駄となり現在でも毎年数十億円の無駄が指摘されておりますが
更なる国民の税金が投入されていくのか正に
(核燃料運搬船に60億円は全く動かなかったのは過去の原子力船陸奥と同様)
政治家と役人、財界との談合といっても良いのではないでしょうか。
即刻このような無駄は止めるべきなのですが天下り社会があり
文科省にとって居心地の良い場所といっても過言ではありません。
これからの私達日本人は将来に向けて無駄を許してはならないのです。
何故無駄があるのか? それは日本人が政治に無関心であるからなのです。
政府は2015年度補正予算案に、所得の低い年金受給者を対象にした
1人3万円の給付金を盛り込む方針を固めた馬鹿げた選挙を意識した
ばらまきはかって行われた国民一人に1万円支給と同様国民を愚弄しております。
やがてはやってくるオリンピック後の不景気を予測して
しっかりとした計画を立てて国家を運営をしていかなければなりません。
まあいいか、その時はあの世にいっているから…………

年末の大掃除で忙しで雄越しと思いますが家族団欒の一時をお過し下さい。
苦労された奥様を労って大掃除の手伝いを行ってくださいね。
過ぎ去る今年を思い出しながら刀の手入れをしております。
来年は良き年であります事を祈っております。

日本の政治を良くする会  ドンキキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月27日

今年も後1ヶ月少々を残すところとなりました。

今年も後1ヶ月少々を残すところとなりました。
お元気でご活躍の事とお慶び申し上げます。

フランスのパリで発生したISによる同時テロ事件は私達に驚愕を与えました。
数多くの人々が無差別に少なくとも129名の方々殺害され
又数多くの方々が病院で治療を受けておられます。
残酷な行動に世界が立ち上がり、過激派組織 ISに対して行動を起こすと主に
米国、イギリス、ロシア、フランスは宣言をし
シリアの過激派組織 ISに爆弾攻撃を始めました。
そんな折ロシアの旅客機の墜落は機内での爆弾にの爆発
であったと公式にロシアのプーチン大統領によって発せられました。  
シリアからの難民を数多く受け入れてきたフランスが何故ねらわれたのか。
当初難民としてフランスにたどり付いた時には心から彼等は安堵と
感謝したと考えられますがその難民から生まれた子供達は
そのような両親の於かれた情況は全く
分からず生活をする中でかなり厳しい人種差別を
受ける事になりフランス人に対して激しい憎悪を抱く様に
なって参ります。 彼等の生まれた国に渡航すると悲惨な情況があり、
ますますフランス人に対して嫌悪感を持つ様になり彼等
ISの格好な餌食となって自爆テロを行う様になっていったと推察されます。
次から次へと世界の情勢が変わってきます。
先日トルコではロシアの飛行機を領土の上空を
侵犯したという理由でで撃墜し
世界に緊張感が奔りました。複雑にしているのはロシアが
シリアの政府を支持し武器の援助を行い米国はシリア政府に対して
反発をする国民を指示しシリア政府の打倒を願い彼等に
武器等の援助を行いさらにその戦闘状況の間隙をぬって
ISが活躍するという三つ巴の戦いが行われている最中に
フランスでISに依る自爆テロが起こったわけです。
米国とロシア、フランスはISに対して攻撃
を行うと宣言しましたが果たして上手くいくのでしょうか?
シリアに対して国民がお互いに反目させる為にロシア、
米国が軍事援助を行いそれらの多くの武器がISに流れておる状況を考える
時大国双方が武器や援助を絶たない限り
ISは力を持ち続けテロはなくならないでしょう。

ロシアの戦闘機がトルコによって撃墜された理由を考えれば
そう簡単に解決する問題ではありません。
ロシアはシリア政府に反対し戦う勢力に対して空から
爆撃をしておりますが問題なのはトルコに国境
に隣接するシリアには数多くのトルコ系の人民がいるという事で
トルコ政府はロシアに対して何度も警告している状況があります。
ロシアはISに対して攻撃を加えるとはいっておりますが
事実はシリア政府に戦いを挑む反対勢力に対して攻撃をしているのです。
ロシアも米国もシリアという石油を持つ国の懐柔を狙って
戦う彼等のエゴがISを生み出して行ったのかもしれません。
ISは今後海外に向かって無差別に自爆テロを行っていくに違いありません。

万一原子力発電所に対して襲われたならば未曾有の被害が発生するでしょう。
今後このような事件が米国、ロシアを始め日本に対しても
同様な惨劇が発生するかも知れないのです。
今でも数多くの難民がヨーロッパに押し寄せております。
今後ヨーロッパでは難民の受け入れを閉ざしてくる傾向
があり日本に対して国際世論は難民の受け入れを迫ってくるのかもしれません。
日本の難民申請者は385人で認定者は46名となっております。
1万人を受け入れて欲しいと言われた時私達はどのように
受け入れなければならないのでしょうか。
このようなケースはないと思いますがどのように対応するのか、
教育、文化、宗教、食べ物等を
今から考えておかないといけないのかもしれません。 

過激派組織ISは子供時代から彼等を洗脳していると言われております。
そして自爆テロを行う際薬物注射を行い興奮させ自爆が完全に完了させる
というとてつもなく恐ろしい行動をおこします。
数多くの人々を巻き込んで共に自爆してしまう行動は
一体どういうものなのか、洗脳とは心理学で言われる催眠術なのか。
正に理解不明な世界です。
かって日本が戦時中末期に特攻攻撃を行いましたが
その行動と全く同じで人間はかくも組織の情況次第で
どうにでもなるのかも知れません。
今ロシア、米国、フランス、イギリスが共に戦争として
認識し彼等を追いつめ殲滅する事を決定し攻撃が始まりました。
恐らく近日中に殲滅されると考えられます。
金の流れや武器の流れが途絶えれば全てが終了される筈です。
かって彼等は砂漠を放浪してジュータンを砂漠においてテントを
立てて居住していた人物ですから金の流れが途絶えれば問題は終焉するでしょう。
ネットによって恐怖を人々に植え付け貧困に喘ぐ人々や
不平不満を抱く人物を集めて洗脳して攻撃を
くわえていく手法はかっての麻原彰晃のオーム
に酷似しております。原子力発電所が攻撃されなくて良かったですね。
海外では不審な人物が原子力発電所に近ずくだけで、
自動小銃の弾が飛んでくるという情況です。
日本であったなら警備職員がやってくる程度です。
いずれにせよ日本が攻撃されたらどうなるのでしょう。 
そんな事を考えていた折、靖国神社のトイレで爆弾騒ぎが発生しました。
段々と怪しい時代へと突入してきたのかもしれません。 

全刀商の恒例の即売会が行われました。初日はかなりのお客が入場し、
海 外からも数多くの愛刀家や業者がこられた様です。
又取り引きもかなり順調で 売り上げも良かった事を聞くと
日本の経済も良好であると考えられま す。
小生も最後の日に出掛けて何本かを購入しましたが、
価格面では業者と一般の方と の隔たりが無くなってきていると考えられます。
重要刀剣がかって珍しい時 代から数多くの店で販売しておりました。
店を覗いておりますと時、会場に来られた方から折挨拶される事も多く
刀剣界はかなり狭いのかもしれません。全国から集まった業者が
一同に会し販売する様は驚かされますし、怪我もなく無事の終了出来た様で喜ぶ べき事です。
刀剣界はネットの関係でどこからも発信できて商売が出来る様になりました。
その為かっては地方の業者は主に東京に出て、
品物を販売または購入しておりましたが地方から売買が出来る様になり
又ネット販売が多くなった為に業者と 一般の価格に大きな差異がなくなりつつあります。
これは時代の趨勢ですね。この事に気が付いた業者は今回の刀剣祭りの会場で
業者なみの価格で販売をさ れておりました。
今後はどのような形態で日本刀が販売されていくのか注視 する必要があります。
最近では業者が行う市場で外国人が古物の免許を持 たず
堂々と購入していく現状を見る時もやは業者と
一般のお客様との間に隔た りが無くなりつつあると考えるのです。
漫画の影響でしょうか。今数多くの女性が日本刀に興味を持ち
刀剣博物館にも かなりの見学者が多くかっての静かな博物館とは大違いといえましょうか。
海外からの見学者も多くかなり日本の文化に影響を受けている様です。
又海 外の愛刀家も多く日本刀に対する造詣もかなり深く驚かされます。
さて後何日寝ればお正月と子供時代は期待していましたが
今の私には、いよいよ近付いきたなと感じる次第です。何が……

事を聞くと日本の経済も良好であると考えられま す。
小生も最後の日に出掛けて何本かを購入しましたが
価格面では業者と一般の方との隔たりが無くなってきていると考えられます。
重要刀剣がかって珍しい時 代から数多くの店で販売しておりました。
店を覗いておりますと時、会場に来られた方から折挨拶さ れる事も多く
刀剣界はかなり狭いのかもしれません。
全国から集まった業者が 一同に会し、販売する様は驚かされますし
怪我もなく無事の終了出来た様で喜ぶ べき事です。

税金の無駄遣いが先日政府内で指摘されました。
1:プルサーマル計画の失敗:原子力発電から排出された
使用済みのウラン燃料を核分裂をさせる事で
燃料として有効利用を計ると考え政府主導で始まり
今迄に1兆円の税金を投入したが失敗に終わり
今ではピクリとも全く動いていません現在でも
年間数十億円の税金がそこで働く文科省の天下りの
お役人様の給与と維持費が使われております。
これは以前原子力船陸奥が何の機能せずに
終焉したのと同様な情況にプルサーマル計画はあるのです。
このような無駄使いはいい加減に止めるべきです。

2:宇宙計画 
確かに日本人が宇宙船に米国やロシアの宇宙ロケットに
乗り込む事は子供達にとって多くの夢を与えたとは言えますが。
この米国、ロシアの宇宙ロケットに乗る為には莫大な税金が支払われます。
現在迄にそれによって目に見える利益がでたのか
明確に検証する必要があると考えます。
平成22年当時では3390億円が使用されておりますが
これも明確な目的と利益還元ができるのかどうかを検証する必要があります。
ロケットに乗り込む事は子供達にとって多くの夢を与えるとはいっても
そこに膨大な無駄があるのか又必要があるのかどうか検証するべきです。
特に日本は天下り先の無駄が極めて多いと私は考えるのですよ。
選挙制度を変えて公平な選挙が出来る様にさせ
無駄を省く為にどうするべきか良く考える必要があります。
いつやるんですか?今ですよ、景気の良い今が絶好の機会です。
オリンピックが終わった時景気は下降線をたどり無駄を
省く事は極めて難しく多くの抵抗が出るに違いありません。
皆様お身体にご留意され楽しい毎日をお送り下さい。
奥様を大切に、お子様を厳しく愛情をもって接してください。
政治を良くする会ドンキホーテ  会長 鶴田一成
  

インターネットより無料画像を転載させて頂きました。 
美しいですね。私が真冬八ヶ岳を登山をした時、空を見上げた時にこのような
景色を見た当時の光景を思い出します。
thumb5-1.jpg
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 10:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月08日

八月一日



八月一日
皆様夏も盛りで町を行く人々は交差点にかかるとうんざりした顔で、
どういう訳 か口を開けて息をしておりました。
犬も同じ様に口を開けて、はあーはあーしているので
暑さが厳しいと人間様も犬同様に口を開けて呼吸するんだと感じた次第です。

さて安保法案が衆議院を可決し参議院で審議されます。
やがて法案が通り国会で成立されます。
確かに日本を取り巻く環境は大きく変化しております。
特に中国の東シナ海での岩礁の埋め立てや日本海での石油採掘で
数多くのやぐ らが林立し将来そこで人口島を建設するのではないかと
疑われる数々の脅威が 示されております。
中国の軍拡が目にあまる状況と中近東での緊迫した状況などで
なんらかの対応をしなければならない状況があります。
米国から強く 日本の協力を迫られたと考えられます。
安部首相の強引な安保法案の成立は 第9条に抵触するのは明白であります。
このような9条の内容変更には国民 の納得が充分おこなわれなければなりません。
首相は国民はこの事に理解 が充分得られていないと理解した上で、
今後充分説明していくと国会で答弁が なされました。冗談ではありません。
第9条に抵触する内容に関しては国民が充分納得するまで
討議を重ね、時には選挙で国民に信を問う必要があるのです。
日本は戦後他国と争う事は全くありませんでしたが、
米国の庇護の元に戦力は出さずに金を出すという事で
何とか取り繕ってきましたが昨今の世界の情勢は米国の
国力の低下と相まって特に米国から強く戦力を出す様に
求められ ているといっても過言ではありません。

湾岸戦争では1兆3千億円を支払いました。
日本は現在4兆8000億の軍事支出があり中国はその5倍はあると考えられます
日本の国防費は最近になって増加傾向にあります。
日本が一度武力を使用した時は更なる武力の協力が要請されてくるに違いありませ ん。
この問題はあらゆる部分にわたり討議を行い国民が主体となって
決定していかなければなりません。戦力を保有する事で抑止力になるのか、
中国が もし尖閣諸島を占領した時はどうするのか、
もし中国が対馬を自国の領土だと 主張した時はどうするのか。 
米軍が日本を見捨てた時はどうするのか、あらゆる問題を私達は真剣に考えて
英知を絞って結論を出さなければなりません。
今日本海の海上に油田を掘るやぐらを幾つも建設しております。
元々あの場 所は石油の埋蔵量が少ないといわれた地域です。
なぜそんな場所に日本人に 不愉快な脅威となる物体を
これでもかと建設する中国の意図がつかめません。
人間社会で人間同士が常に争いがあるという現実は、国同士も同様で
常に争いは絶えないし避けられないのかもしれません。

コンピュータの発達で情報量が厖大とな り世界が極めて小さくなりました。
中国の株価下落が、航空機事故、船 の事故、はて猫が鼠に食い付かれた等
あらゆる情報が瞬時に東京、ヨーロッ パ、アメリカ、北方に居住する
エスキモー迄世界に飛び交い大きな影響を経済 の及ぼす時代です。
恐らく米国大統領のオバマさんからの強い要請に安部さんが
応じたとしか考え られない一連の行動であると私には思われるのです。
中国では政府よりも軍隊の力が強いといわれております。
子供が玩具を欲しがるように軍隊が最新形の戦闘機、潜水艦、
空母を持つと更 なる軍備で武装をしそれを使用したくなるのではないでしょうか。
まるで甘やかしてしまったガキが玩具が欲しいと駄々を
捏ね親がなだめる為に玩具を買い与える様を感じさせます。
かっての日 本軍が身の程を知らず戦力の増強を行い中国、
朝鮮半島アジアへと進出し最後には世界を相手に戦いを挑んでいった様に….
最先端の戦闘機、戦艦、潜水艦を使用すると同時に三八式歩兵銃という
当時の劣悪な鉄砲と江戸時代で使用された日本刀をもって
戦ったのですからチグハグ もいい所です。
米国やドイツ、ロシアでは連動式の自動小銃が使用されてい た時代にです。

それはともかく、急速に軍備の力を付けてきた中国に対して どう対峙するのか、
日本にとって重大な問題を突き付けられているといっても 過言ではありません。
私達は今後どのように対応するべきなのか国民は真剣に考えなければならないでしょう。
中々結論の出ない問題ですが米国からの強い要請、中国や北朝鮮の 脅威、
更には中近東の不安定な要因はこれを無視して通る事は出来ないので す。
しっかりとした国民の国防に対する意識がないと、かっての日本が戦争に
巻き込まれた様に誰もが責任を取らない形でずるずると戦争へ
と向かっていく 危険があります。

新国立競技場建設のように責任者は誰なのか
全く分からず 誰もが責任を回避するだけで一切責任を取らない
連中が最終的に3000億円 もの建設を行うという
異常さが日本人の責任の取り方なのです。
元首相の森氏 はいくらかかったていいじゃないか。
俺はあのデザインは最初から嫌いなん だ。
責任の取り方があまりにも無責任ではありませんか?
このようにして 集団的自衛権が同じ様に国民不在で成立し、
ずるずると責任者なしに戦備の拡張へと進んでいく危険があるのです。
私達はもっと真剣に考えようではありませんか。

もし村山談話をきちんと引き続ぎ靖国神社を参拝しなかったな ら、
韓国の慰安婦問題や中国の日本に対する敵意は
これ程迄にはならなかった のかも知れません。 
日本は戦後賠償は既に行った、と言いますが庶民感覚では 終わっていないのです。
過去戦時中に日本軍に協力して日本軍の軍人として戦地で戦った
朝鮮人、台湾 人そのほか東南アジアでの軍人に対して
何の補償もなされていないのです。

先 日ドイツの首相であるメルケル首相は殺人工場といわれた
強制収容所を訪れ頭を下げて謝罪する光景がテレビで放映されました。
ドイツでは日本と同様に過 去のあやまちをひきずっておりますが
戦前、戦中のあやまちを繰り返さない様 に厳しく向き合っていると考えます。
国益を代表するトップの政治家の心構 えがまるで違うというのが私の意見です。 
今週中には阿部さんが国内、国外に向けて発表する内容が村山談話を認めて
継続的に戦時中の行動に謝罪をする のかどうか注目されます。 
おかしいのはこの談話を発表するのに沢山の政治 家や知識人の意見を聞きながら
まずまずの玉虫色の文章にしようとする画策する態度で す。
首相が自らの考えで日本の国益を充分に考え熟慮した上で
相手国に刺激を与えない様に解決して欲しいものです。
戦後70年を経過し殆どの日本人が戦後生まれとなった現在戦前戦後の
苦難を過 ごした人々の意見を謙虚に聞いて欲しい。
中国や韓国からの厳しいこれでもか、これでもかという要求に対して
戦後生まれの国民はあやまっても、あやま っても厳しい要求に冗談ではない。
これ以上謝罪する必要はないという意見も かなりあります。
私達は冷静になり相手の厳しい意見に耳を傾け被害を受けた人々の
立場に立って物事を理解する必要があるのです。 
戦後私が小学生、中 学生の時代には戦地で戦った軍人はかなりおられ
色々な中国での日本軍の残酷な話しを 良く聞いたものです。
 
20年前でしたがある目付きの鋭い方が店に軍刀を持ち込み
研磨を要請されました切先から物打ちにかけて大きく刃毀れがあり
私に戦時中に人を切って出来た瑕で切れ味が良いと自慢話をしておりました
私は厳しい目付きで相手と対峙し研磨を断った事があります。
今でもその人物の顔をわすれません。

戦争とは正に相手と対峙して殺し合いを行うものですね。
親や子供を殺され た者達は想像も出来ない程恨みを胸に秘めているのです。
国同士の間で戦争の賠償責任は終了したとしても
国民の怒りはそう簡単にはお さまらないのではないでしょうか。 
最近日本の会社が戦時中に強制的に日本 で強制労働をさせた為
個人賠償をおこなったといわれておりますが私は本当によかったと考えます。

オリンピックの競技場に数千億円という莫大な金額を支払うのであれば
その金を有効利用すれば解決するかもしれません。 
私達日本人は戦争を回 避しこれからも戦争のない世界を
築き上げる為どうするべきか沈思黙考するべ 気なのです。
最近フイリッピン、ビルマ、オーストラリアに対して潜水艦の輸出や
共同で中国の 進出に対応する為の武器輸出や供与が行われはじめています。
中国を刺激しなければよいがと私は戦争の恐ろしさを知る者として
強調しておきたいのです。日本が間違ってない事は明確に否定するべきです。
朝日新聞によって謝った偽記事によって従軍慰安婦の問題が拡散しました。
これについては明確に否定するべきです。
謝罪するべき事は素直に謝罪して友好関係を構築する努力をしなければなりません。
日本に落とされた原爆によって戦争は終了しました。
今思い出すのですが戦前私は山口県の岩国の山村の農家に疎開していた当時
近所の小川で遊んでいた時、回りを囲んでいた山から大きな雲が青空に
もくもくと浮かび上がる光景を今でもはっきりと思い出します。
もしかしたらこの雲こそ広島に落とされた原子爆弾の頂上の雲だったのかも知れません。
人間を不幸にする戦争はあらゆる努力で消し去らなければなりません。
70年の平和をこれから未来永劫無くしていかなければならないのです。
そのような意味合いから日本を代表する国益を求められる
阿部首相の謙虚な態度が期待されるのです。

今年の猛暑は凄まじい限りです。都心はヒートアイランドになり
車からの冷房の放射熱、家庭やビルからのクーラの放射熱で道路の温度はうなぎ上り、
更 には海上から涼しい風が港に林立するビルに遮られ熱は溜まり続けで
まるでバンコックや東南アジアへでも行った様な凄まじい熱気で
夜もクーラ をかけないと眠れない状況です。以前神奈川県に住んでいた時
周りの公園や 森の林立する樹木で夜になるとかなり
温度が下がり恐らく4度ほどの違いを感 じたものです。
今度試しにフライパンに油を入れて卵焼きが
出来るかどうか実験してみようかと考えています。

スマホについて
今電車に乗りますと座席に座った若者達の大半が
スマホを器用に扱ってメール のやりとりをしております。
15年前にはなかった現象で今後数百年このよ うな現象が続いていくのでしょうか? 
この事でスマホを常に使用している人 間の性格、文化、病気、身体の仕組みに
将来どのように影響されて行くのか興 味があります。
最近ではスマホ中毒者もいるといわれております。 
その内に 頭の中に微細な厖大な資料やデータを入れたチップをいれて
微細な電子で作動 させる様になるのかもしれませんね。 
頭が悪くても学校に行かなくても全く問題なく
知識を必要とする職業には付けるといった事が可能となるかもしれま せん。  
でも電池が切れたらアウトですがね。

蝉がなき 痛さを感じさせる 暑さかな  ドンキホーテ
熱中症にならない為水はかかさず飲んで下さいね。
老人諸君!私も飲んでまっせ!
昔行水というものがありました。
大きなたらいに水を入れてそこに体を入れて涼むという風習です。
でもこの暑さでしたら水温は40度を超えて火傷をしてしまうかもね。
のんびりと冷たいスイカを食べたりしてお過し下さい。
それでは御機嫌よう。

政治を良くする会ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

早いもので6月となり紫陽花が雨に打たれて活き活きとした色合いを見せております。

早いもので6月となり紫陽花が雨に打たれて活き活きとした色合いを見せております。
皆様方におかれましてはお元気でご活躍の事と存じます。
以前から散歩をしていた代々木公園もそろそろ蚊の発生でデング熱が報道されるかも知れず最近では散歩を控えております。
自宅の8階迄階段を歩く事にしておりますが最近ではかなり厳しく、なさけない事にやっとという有り様です。
犬を連れての散歩は近所の公園で済ましております。
公園で管理をおこなっている老人は80歳くらいと考えますが元気良く箒で公園を掃き清めております。
自ら元気良く足や腕を使ってきちんと清掃作業をこなす事で遣り甲斐を感じボケもなく溌溂な行動ができているのかも知れません。
私事ですが毎日仕事に追われる毎日で朝5時半に起床して夜11時半に睡眠を取る迄働き続ける自分を顧みる時、もっと楽しい事があるのではないかと考えますがこの慌ただしく追われる毎日が若さを保つ源なのかも知れないと自分なりに不承不承納得させている毎日です。
時々子供の時代を思い出すことがあります。
昭和22〜3年頃戦後間もなくの時代、銀座は露店が大通りに沿って長くはり出して数多くの露店業者が進駐軍の軍人、主にアメリカ人が多くイギリス人、オーストラリア人を相手に必死で商売を行っておりました。
銀座4丁目から有楽町に向かってまた京橋方面に向かって数多くの業者が露店を出しておりました。
父親が丁度現在の松屋近辺で露天を出していましたので時々母親と共に会いに連れて行かれたものです。
三越は米軍のPX(post exchange)でした(米軍が米軍の兵隊の為に接収した建て物で和光、三越、松屋等で米国人は無税で何でも購入出来た)米軍の軍人の多くはPXで購入した石鹸、チョコレート、キャンデー、多種多彩の商品と物物交換をし闇の商売が流行っておりました。
松屋は木造モルタルで確か2階建てだったと思います。
池袋、銀座からは東京は焼け野原でしたから秋が深まった師走時などは富士山がはっきりと夕焼けの中に暗いシルエットを描いていたものです。
吹込む風が冷たく震えていたのを覚えております。
ジープに乗った米軍の軍人が腰にぶら下げた巨大なピストルを持つ姿も今ではなつかしく思い出されます。
空腹の時代、誰もが食う為に懸命に働き父親も銀座を仕切ったヤクザに挨拶に出かけ、その子分に形ばかりのヤクザ仁義を教えてもらい親分の前で啖呵を切らされたと話しておりました。
例の手前生国と発しまするは東京でござんす。東京といってもいささか広うござんす。高田の馬場で産湯をつかり……
 
常に空腹と飢餓に襲われて食べる為に誰もが無我夢中で働き、やがて日本は動き出していったのです。
以前書きました様に上野の地下道は家と家族を無くした浮浪児がかむろしておりました、戦争という残酷な行為によって家族が分かれ分かれとなり戦死によって数多くの御家庭の主婦は生活に困窮し冷たい世間のほっぽり出されたのです。
鉄道自殺も多く何度か自殺があるとこわごわ見に行きその惨状を見て驚愕し、今でもその光景が思い出されます。
残酷で悲惨な戦争はこの世から無くさなければなりませんが貧困の格差、信仰の違い、人種差別等で残念ながらなくならないでしょう。
日本は一部の軍人と政治家それを取り巻く財界とによって無謀な戦争がおこされ未曾有の不幸が国民にもたらされました。
戦争の悲惨さを知らない戦後生まれの政治家が大半となりました。
阿部首相のいわれている内容は正論かも知れませんが国民が充分に納得したとは、いえません。
あらゆる立場、方面から意見を求め正しい解決を計って時間を掛けて欲しい国民の総意を求めるべきです。

世の中が安定し父親は銀座に喫茶店を構えたのですが2名の女性を採用するのに90名くらいの応募がありました。
どなたも美人ぞろいで子供ながら驚いたものです。父が銀座の店を止めるきっかけは人手不足が原因です。
あれから45年経過した訳ですが現在は景気が一段と回復して厳しい人手不足に悩まされております。
飲食店では人手不足の為には廃業せざるをえない厳しい状況が続いております。
歴史は常に繰り返しいているのかも知れません。厳しい経営環境の中で想意工夫して乗り越えて行く経営者も沢山おられる訳です。
過去、現在そして未来を想像する中で商売が今後どのような形態となっていくのかを想像しながらより経営が発展するように努力しなければなりません。
考えますと過去に遭遇した最悪な事態は来ないと言う保証はありません。
歴史は繰り返すというがごとく将来とてつもない厳しい状況に遭遇するのかは分かりませんね。
現在は誰もが慌ただしい時代を過しているのかも知れません。
私も同様で一昨日福岡県に飛び商売を行い帰宅したら再度岡山県に飛ばなければならない状況です。
誰もが慌ただしく過ごす時代となり時の過ぎ去る早さに驚いています。
私は自宅で犬や、オームを飼って生活しておりますが、もし私が亡くなった時に誰がこれらの動物を管理してくれるのか時に暗澹となります。
オームは60年くらい生存すると聞いて驚いておるのです。旅行中楽しい出会いに遭遇する事もあります。
先日九州に出張した時過去大型船の機関士をされていた方のお話をご紹介させて頂きます。
この機関士は商船学校を卒業された後に有名な漁業会社の入社されたそうです。
時折船で魚を捕っている時に偶然河豚がとれる事があるそうです。実は河豚は彼の大好物であるため役職の(機関士)の強さを遺憾なく発揮させて調理をさせ、その河豚を食べるのだそうです。
河豚の美味さは毒にあるのだそうです。食べている時にその毒をかすかに味わうのだそうです。
“毒を食べた時になんとなく微妙に分かるものですよ”と話されました。
“毒が完全にあたると顔が土色となるので直ぐに石鹸を削って飲ませ中和させ同時に海水を口の中に入れ胃を洗浄させるとやがて顔が土色から赤味をおびてくるいので助かったと思う訳よ。” 直ぐに寝かせれば一件落着なのですと話されておりましたがまずは本当の事をはなされていると考えます。
でもこれ程迄して毒河豚を食べたいとは思いませんね。毒が身体に回る寸前に石鹸を飲まされ海水をホースで海水を口に入れられてはたまったもんじゃーありません。
何十年振りに皆でバーに連れてもらいましたが機関士、私、無鑑査研磨師。元著名な大手自動車の会社社長との間で馬鹿話をしながら夜を楽しみました。
景気の落込みで繁華街の景気はかなり厳しい様で多くのバーは廃業の憂き目をみる中で成功しているバーもあり、そのままさんの気配りの凄さは私どもの仕事に多いに参考になりました。
気配りの凄さは多いに評価されますね。 御客と女性を上手くあしらう見事な采配でした。
オリンピックが開催されますが過去に建設された建築物を老朽化があるという理由であっという間にに壊され海外からの建築設計士によって製作される事になりました。
国民不在で厖大な金額、一説に依れば3000億円の経費が掛かると言われております。
日本の建築関係者はこぞって反対する中でなぜこのような暴挙が国民の意見なしにどんどんと進行していくのでしょうか。
冗談ではありませんよ。オリンピックでは過去開催に厖大な費用がかかる事に対して極力経費を少なく開催するように要請されていたのです。
この真逆な行動は一体何故おこなわれたのか、又経費がこれほど膨らみ東京都と文科省の間であれほど経費の負担に関して奮然としたやりとりがあったにも拘らず何時の間にか経費の上乗せで終了し誰もが責任を取らないと言う結果に国民は唖然とさせられました。
政治家からこの件に関してあまり追求がないのも実におかしなものです。
国民の巨大な税金が投入されるのも拘らずマスコミも表だって反対する訳ではなく淡々とオリンピックに向けて作業が進んでいきます。
日本が開催するのであれば日本の建築関係者ととことん話し合い地震、安全性の問題をもっと掘りさげ出来ることであれば日本の建築でスタヂアムを設計施工すれば遥かによかったのではありませんか。
イラク人の設計された巨大なスタヂアムを無理のある設計でわざわざ建築しなくても良かったのではありませんか。
日本は地震の発生する国ですから日本人の設計で建造されれば長期間にわたり誇りをもってスポーツの殿堂として役立ちますが外国人の設計で製作された建造物では何ともやるせない気持ちにさせられます。
オリンピックという世界の運動会を変な公平性が外国人に依頼するという事態になったと考えられます。
最近問題となったサッカー連盟の巨額な賄賂事件のような事はオリンピック委員会にはないと思いますがあまりにも巨大となった組織に不正が無いように見守る必要が出てきているのかも知れません。
スタヂアム建設に当初1800億円であった予算は3000億円近くになるという事実に無関心ではいられません。注目しましょう。
誰が企画をし又誰が責任をとるのか明確にして欲しい。巨額な私達の税金が投入されるのですから。

皆様雨期真っ盛りですが雨が降らないと果物や米、野菜が育ちません。又雨の後の清々しい雰囲気も楽しいものです。
四季色とりどりの世界を楽しんですごしましょう。日本は天災の多い国ですから災害が無いように祈りながら過ごしていかなければなりません。
やがてうるさい程の蝉の鳴く季節となります。老人諸君 水をちびちび飲みながら熱中症にならないようにして下さいね。
お父様、お母様、お子様を厳しく育てて下さいね。奥様を大切に、刀を買う時は多少のお裾分けをして下さい。
それでは皆様ご機嫌よう。

日本の政治を良くする会 ドンキホーテ 会長 鶴田一成
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

桜の花も散り躑躅の花が満開となる季節となりました。

桜の花も散り躑躅の花が満開となる季節となりました。
皆様お元気でご活躍の事と存じます。
朝犬を連れて散歩をするんですが、冷たい風を含んだ春風が
気持ち良く頬をなでていきます。
犬がいなければこんな早起きはしないのですが、
毎日新鮮な朝を迎えております。
先日私達日本人の埼玉県の高校性が日本と韓国のスポーツを通じて
交流を深めようとした親善試合が行われました。
その後生徒22名の者達が集団で万引きを行う事件が発生した事は
驚くべき事件として報道されました。高校性はそ知らぬ顔で
帰宅の為チャーターされたバスに乗っていた所、
韓国から電話で万引きの件を問い出され、監督が問いただし事実が判明しました。

驚天動地,青天の霹靂でした。
これほど多くの人物が(高校生)平然として泥棒をするという事は
過去同様な事件がわからないまま旨くいっていたという事でしょうか。
日韓サッカーを通じてお互いの交流をはかり
理解の促進と切磋琢磨する精神の向上を求めた競技会であった筈です。
スポーツを通じて正々堂々と戦います。といっていた筈ですが
正々堂々と盗みを働き成功する事を誓いますといってのけたのと違いますか? 
驚くべきは学校の処分です。
子供たちがかわいそうだから自宅謹慎停学処分とした事です。
泥棒をしたら退学処分でしょうが。
いずれにせよこの事件によって、日本人の顔に泥を塗り日本人の
正直さは真面目さは地に落ちてしまいました。誠に恥ずかしい事件です。
私が小学校低学年の時泥棒ってどういうような人なのか考えてみた事がありました。
ハンチング帽を冠り狡そうな顔に含み笑いをした様な人物を考えたものです。
私の知人で本屋さんをかって営業していた方がおられます。
なぜ廃業したのでしょうか?実は本をの盗難が絶えず
採算が合わなくなったという事情で止めざるを得なくなったという話でした。
私はその時は信用しませんでしたがこのような事件が起きると
事態は深刻だと考えざるを得ません。
仮に本屋さんで1万円の盗難があるとしますと
その利益を回収する為には約10万円の売り上げがすっとぶのです。
すなわち10万円の売り上げをあげて
1万円の利益が出るという事なのです。いやもっとかも知れません。
先日よみうりランド近くの風呂に入り帰る段階で近くにいた
小学校の坊主がラッキー100円儲かったという話が聞こえて来ました。
この人造温泉では履物を預ける際100円玉を入れて靴を預ける事になっており
鍵を入れるとお金が戻って来ます。そのような際お客様が忘れる事があり
そのまま100円玉が投入口にささったまま気付かない事があるのです。
坊主の言葉を聞いて私が注意をしようとした所、親と思われる人物が良かったね
ラッキーだねとにこにこしている姿を見て注意をあきらめました。
泥棒養成を行っている親父コンビニでも泥棒(万引き)の被害は多く
損害金を予測して損金であらかじめ処理しているそうです。
まさに泥棒天国ではありませんか。 
嘘つきは泥棒の始まり、平気で嘘をつくようになると、
盗みも平気でするようになる。嘘をつくのは悪の道へ入る第一歩であるということ。
私たちは認識しなければなりません。
韓国で集団で泥棒をおこなった連中は韓国人から笑われ。
馬鹿にされ、この事件の重大性を明確に理解しなければなりません。
おそらく盗んだ当事者である彼らは頭を下げて反省している振りを
しているのでしょうか。ついてなかった!としか感じないのかもしれません。
せいぜい学校の校庭に二宮金次郎の銅像を建てて
先生方は朝の朝礼の時に子供たちに対して注意を喚起させて欲しいものです。
泥棒はやってはいけませんよ。卑怯者であってはいけませんよと
弱い者をいじめてはいけませんよ 
この事件で私たち日本人が築き上げた信用はこの事件が発生した時点で
地についたのです。泥棒記念日、信頼回復を目指して頑張ろうではありませんか。

刀の手入れの件
最近刀の白鞘を希望される方が来店されました。その時に私が勧めた方お法
新規には制作はせずに割鞘をして表面を削り直しをお勧めいたしております。
新規に制作しますと水分を含んでおりますので刀にとっては馴染むまで時間がかかります。
削り直しは鞘が枯れておりますので狂いがなくまた削る事で表面が見事に光沢が出て参ります。
是非削りなをして検討して見てください。

刀剣事情
日本の経済が回復してから刀剣界もかなりよくなって来ております。
外国から業者がかなりきておりますので日本刀の価格もかなり上昇してきており
投資として購入する外国人も多くなっております。
先日鎧の市場がありましたが外国人がかなり
良品を落札しており今後日本人は価格の安い品物高額品は
海外に流れる状況となりました。
気付かない内に海外へとどんどん流出していく事でしょう。

東京では区議会選挙が行われています。
この小さな議会選挙が実は日本全体を良くする第一歩なのです。
真剣に大切な人物を投票しましょう。

政治を良くする会  ドンキホーテ  会長  鶴田一成
tsutsuji.jpg
posted by 日本刀と刀装具の葵美術 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 社長の小言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする